【2019年版】バレンタインデーに贈りたいコーヒーギフトを完全ガイド!

この記事は2018年12月17日に【2019年度版】へ更新されました。

バレンタインデーに贈りたいコーヒーギフト

 
バレンタインにコーヒーを贈るなら!

いよいよバレンタイン。

バレンタイン・ホワイトデーと言えばチョコレートやショコラが定番ですが、甘いものと相性が良いコーヒーをプレゼントする人は昔から多いですね!
また甘いものが苦手な人や、糖質制限をしているようなお相手に贈るのにコーヒーというチョイスはピッタリです。

今回は私の経験も踏まえ、絶対に失敗しないコーヒーギフトの選び方を解説します(^-^)

「【2019年版】バレンタインデーに贈りたいコーヒーギフトを完全ガイド!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【バリスタ監修】コーヒー発祥の地「イエメン」の味や特徴を知ろう!

この記事は2018年11月1日に最新情報へ更新されました。

コーヒー発祥の地

あなたはコーヒーを世界で初めて商業的に扱い、全世界に広めた国がどこかご存知ですか?実は中東のアラビア半島南端部に位置する国「イエメン」なんです。

イエメンと聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、「モカ」と聞けば誰しもピンとくるのではないでしょうか?イエメンの「モカ・マタリ」はかつてコーヒールンバの作曲した曲とともに日本でも一大ブームとなりました。

近年ではイエメンのコーヒーを飲める機会も減ってしまいました。なぜ飲める機会が減ったのか?
今回はその要因も含め、プロのバリスタである滑川京子さんにイエメンのコーヒーについて解説して頂きました。

「【バリスタ監修】コーヒー発祥の地「イエメン」の味や特徴を知ろう!」の続きを読む…

Felicemente代表。

小さな焙煎所、カフェチェーン店、バー勤務、イベントでのバリスタ業務、家電量販店でのマシン販売など様々な実務経験を経て、現在は子育てをしながらフリーランスのバリスタとして活動中。

『日々の生活を少し豊かにするお手伝い』をコンセプトに初心者向けのセミナーや子ども向けのセミナー、イベント出店などを主に行っている。

【所有資格】
■日本バリスタ協会(JBA)認定バリスタ
■イタリア国際カフェテイスティング協会(IIAC)認定
呼称:エスプレッソ・イタリアーノ・テイスター

【実績】
■日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)主催
ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ(JHDC)2018 2nd place(準優勝)
■デロンギ・ジャパン株式会社 電気カフェケトル ブランドアンバサダー

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【プロが監修】コーヒーのゲイシャとは?世界で一番わかりやすく解説

奇跡のコーヒー!?

ゲイシャはコーヒーを飲みなれていない人でも、普通のコーヒーの味とは違う!…と、感じられる特別なコーヒー。
ジャスミンの香り、レモンの甘みと酸味。誰もが言葉を尽くして、その魅力を語ろうとします。

最近は、さまざまな場所でゲイシャが楽しめるようになりました。しかしゲイシャが今でも特別なコーヒーであることに変わりはありません。

なぜこれほどまでゲイシャのコーヒーは世界を熱狂させるのか?
ゲイシャとその魅力について、アドバンスド・コーヒーマイスターのHiromi Bさんが分かりやすく解説してくれました。

「【プロが監修】コーヒーのゲイシャとは?世界で一番わかりやすく解説」の続きを読む…

コーヒー・アート・本にテクノロジーなど、幅広いジャンルで執筆しているフリーランスのライター。仕事で大切にしているのは「わかりやすさ」と「共感」
ITコンサルタントの顔も持つがコーヒーが好きすぎて焙煎の修行中。

 

【所有資格】
SCAJ アドバンスド・コーヒーマイスター

【編集長より一言】
日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が認定するコーヒーマイスターの上級資格であるアドバンスドに合格。コーヒーの専門家でありながらも、一般的な視点でコーヒーの事を優しく教えてくれる心強い味方。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【プロが監修】常温・冷蔵・冷凍どれがいい?コーヒー豆「保存」の教科書!

コーヒーの保管方法を覚えよう!

コーヒーは新鮮なうちに飲むのが、おいしさの第一条件です。焙煎してから時間が経つほど、コーヒー豆は劣化して風味が失われていきます。
そのため、焙煎直後の豆を少量ずつ買って早めに飲み切るのが理想です。

しかし、つい多めに買ってしまって飲み切れない…という方もご安心を!
適切な保存方法を選べば、最後の一杯まで、おいしいコーヒーが楽しめます。

この記事は「日本スペシャリティコーヒー協会」の「アドバンスド・コーヒーマイスター」の資格を持つHiromiBさんに執筆いただきました。

読み終わったころにはコーヒー豆の保存方法をスッキリ理解できます!
まさに教科書にふさわしいボリュームなので、いつでも見返せるようブックマークにも是非どうぞ(^-^)

「【プロが監修】常温・冷蔵・冷凍どれがいい?コーヒー豆「保存」の教科書!」の続きを読む…

コーヒー・アート・本にテクノロジーなど、幅広いジャンルで執筆しているフリーランスのライター。仕事で大切にしているのは「わかりやすさ」と「共感」
ITコンサルタントの顔も持つがコーヒーが好きすぎて焙煎の修行中。

 

【所有資格】
SCAJ アドバンスド・コーヒーマイスター

【編集長より一言】
日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が認定するコーヒーマイスターの上級資格であるアドバンスドに合格。コーヒーの専門家でありながらも、一般的な視点でコーヒーの事を優しく教えてくれる心強い味方。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【コーヒーの酸味】「酸化による酸味」と「おいしい酸味」の違いを覚えよう!

コーヒーの酸味、苦手なんだけど…

「コーヒーの苦味が苦手」という人よりも「コーヒーの酸味が苦手」という人、多いですよね?
そのコーヒーの酸味ですが大きく分けると下の3つ。

①コーヒー豆の酸化からくる酸味、その防ぎ方。
②最も大きなポイントとなる焙煎の深さによる影響。
③生産地による酸味の傾向。

ここを読めば、コーヒーの酸味について誰かにきっと喋りたくなるはず…!

「【コーヒーの酸味】「酸化による酸味」と「おいしい酸味」の違いを覚えよう!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【専門家監修】血糖値や糖尿病の対策に、コーヒーが与える効果を徹底解説!

コーヒーに秘められたチカラをチェック!

コーヒーの血糖値と糖尿病に関して専門家にリサーチを依頼したところ「倍返しのつもりが、思った以上の効果を発見して驚きを感じている」編集長Arisaです。

コーヒーには、カフェインやポリフェノールの一種であるクロロゲン酸、そしてマグネシウムなどが豊富に含まれています。
これらには、2型糖尿病をはじめとした生活習慣病を予防する効果が期待できると、最近の研究でわかってきました。

ここでは2型糖尿病にスポットを当て、コーヒーと血糖値の関係やコーヒーを飲む効果的なタイミングなどについて紹介していきます。

血糖値対策で話題になったフィットライフコーヒーが、
普通のコーヒーと何が違うのかも後半で解説しています。
↓↓↓

「【専門家監修】血糖値や糖尿病の対策に、コーヒーが与える効果を徹底解説!」の続きを読む…

看護師、糖尿病療養指導士という2つの資格を持つ。

看護師として大学病院・総合病院へ計10年間勤務。
糖尿病療養指導士など、資格を活かした医療分野の記事執筆を中心に疾病や地域の取材、育児についてなどフリーライターとして活躍。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

コーヒーと水の相性!おいしく淹れられるウォーターサーバー!

この記事は2018年9月15日に更新されました。

コーヒーと水の関係、調べまくりました。
コーヒーと水の関係をドライアイになりそうな位に調べまくって、目がショボショボの編集長です(´・ω・`)

以前、フレシャスというウォーターサーバーメーカーが「フレシャスコーヒー」というコーヒー特集を組んでいたのが目に留まったんですよね。

その特集でインタビューされていたのが「丸山珈琲」。
日本の有名なコーヒー会社なので、思わず見入ってしまいました。

⇒この特集です(^^)!ウォーターサーバー コーヒー

そもそも、コーヒーと水ってどこまで関係しているのか?

水を変えればコーヒーは美味しくなるのか?

気になりだしたら止まらないので、他にも情報を探して検証してみました。

「コーヒーと水の相性!おいしく淹れられるウォーターサーバー!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【2018年】クリスマスに贈りたいコーヒーギフト!取寄せOK!

この記事は2018年10月6日に更新されました。pak87_mchitogomi20141220142326_tp_v

 
クリスマス×コーヒーギフト

クリスマスにコーヒーギフトを贈る方は意外と多いですよね。クリスマスに限らず冬場は温かいコーヒーが一層おいしく感じるので、贈り物としても根強い人気を誇っているようです。

そこで今回はクリスマスにピッタリなコーヒーのギフトを探ってみる事にしました。

「【2018年】クリスマスに贈りたいコーヒーギフト!取寄せOK!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【購入レビュー】敬老の日にプレゼントしたいコーヒーギフト!

 
敬老の日に贈りたいコーヒーギフト、取り寄せてみました!
2017年は9月18日が敬老の日。
コーヒーが好きな、おじいちゃん・おばあちゃんに贈りたいけど何が喜ばれるのか?人気なのか?
もちろんコーヒーはワンランク上のクオリティを選ぶけど、もう1つ何かつけてあげたいと思うそんな時。

私なりに色々調べてみました(^^)/

「【購入レビュー】敬老の日にプレゼントしたいコーヒーギフト!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【オススメ】お中元に贈りたいコーヒーギフト人気ランキング!

お中元にコーヒーは人気!
お中元の贈りたい商品ランキングベスト10の中でコーヒーギフトは何位に入っていると思いますか?

実は2位なんです!

もらいたい商品としてもコーヒーは5位に入っているので、お中元の人気商品となっている事が分かります。

今年はブレンディを卒業してワンランク上のコーヒーギフトを贈ってみませんか?

(参照:2007年、味の素ゼネラルフーヅ株式会社調べ) 「【オススメ】お中元に贈りたいコーヒーギフト人気ランキング!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓