有機栽培のコーヒー豆に関して覚えておきたいポイント

有機コーヒーの栽培について
今の日本で有機栽培の認証を受けている商品は、コーヒーに限らず沢山ありますよね?そして世界や日本のマーケットにおいても有機栽培のコーヒーは今でも根強い人気があります。

一体どのような栽培をされているのか気になりませんか?しかし生産国の裏側を見れば、また違った一面も見えてくると思います。

ただ結論から言うと有機栽培のコーヒーは全てが美味しいわけじゃない、全てクオリティが高いわけじゃない、これだけは覚えておいてくださいね。

それでは解説しましょう!

有機栽培のコーヒー豆に関して覚えておきたいポイント

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

サスティナブルコーヒーとは!?

 

ilove

サスティナブルコーヒーとは!?
サスティナブルコーヒーとは何なのか、この記事では簡単に解説していきます。

美味しいコーヒーを持続させるために!

まずサスティナブルとは直訳すると持続可能という意味です。

簡単に言うと、美味しくて安全なコーヒーを作る為には生産地の環境が重要であるという考えから、
美味しいコーヒーを作ってくれた生産者に対してそれに相応しい対価を支払って買取りますという事。

コーヒーは買い叩いてナンボ・・・
こんな風潮が今の日本でも、まだ残っているような気がしますがそれとは真逆で、生産者と親密なパートナーシップを作りその関係を永続的に続けていく必要があります。

そもそもコーヒーの生産国は、まだまだ発展途上であったり経済的にも厳しい国が多いのも現状です。

そこで品質の高いコーヒーを作ってもらう変わりに、

バイヤーがしっかり高い値段でコーヒー豆を買取る事で 生産者の生活水準の向上や、コーヒー生産国の自然環境などの保護にも繋がっていく…これがサスティナブルの考え方です。

 

 

 

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓