ギフトにオススメのコーヒー通販

【ギフト】父の日・母の日にプレゼントしたいコーヒーメーカーのオススメ8機種!

コーヒーメーカーをプレゼントしたい
Arisa
Arisa
父の日、母の日にコーヒーメーカーをプレゼントしたいという人へ向けて、厳選したコーヒーメーカーを8種類ご紹介します。

使い方も簡単、美味しいコーヒーが飲めて、片付けも楽なコーヒーメーカーはギフトにおいて根強い人気があります。

タイトルは父の日、母の日と書いていますが、コーヒーメーカーのギフト全般で参考にしてもらえる情報ですのでご安心を!
もちろん自分用に選ぶときにも使ってくださいね。

内容ざっくりまとめ
  • 日本で高評価なコーヒーメーカーはハリオとデロンギ。
  • ペーパードリップ抽出で選ぶか、エスプレッソ抽出で選ぶか。
  • コーヒー豆は高品質で、美味しいものを。

日本で高い評価を得ているのはハリオとデロンギ!

日本で評価が高いコーヒーメーカーはハリオとデロンギ

世界ではコーヒーメーカーを作っている数多くのメーカーが存在しますが、日本国内の家庭用向けのコーヒーメーカーで高い評価を得ているのはハリオとデロンギです。

せっかくのプレゼント、本当に美味しいコーヒーを飲むことができるコーヒーメーカーを贈ってあげるようにしましょう。

ハリオは日本の国産メーカーで、デロンギはイタリア発の世界的なメーカーです。
この2つのメーカーには大きな特徴があります。

ハリオ ペーパードリップ抽出へ特化
デロンギ エスプレッソ抽出へ特化

ハリオは世界的に大ヒットしたV60ドリッパーを搭載したペーパードリップ抽出のコーヒーメーカーを発売しており、日本国内の家庭向けコーヒーメーカーとして高い評価を得ています。

ちなみにV60ドリッパーは、メリタやカリタのドリッパーに比べて腕の良いバリスタが使うと味の表現幅を大きく広げる事ができる反面で、初心者には扱いこなすのが難しいと言われています。

ハリオはコーヒーメーカーにすることで、コーヒーを淹れたことがない初心者でもV60ドリッパーの美味しさを体感することができるコーヒーメーカーを作り出したという事です。

対するデロンギは、家庭用向けのエスプレッソマシンに特化しています。
コーヒー好きの皆さんなら、家電量販店でもデロンギのエスプレッソマシンを一度は見たことがあるのではないでしょうか?

デロンギのエスプレッソマシンは世界的に評価が高く、近年の全自動マシンに関しての性能とコストパフォーマンスは他社と比べても大きな実力差がつきました。

まずは、国内で高い評価を得ている2社の代表的なコーヒーメーカーを紹介します。
あえて本当に高性能なものをピックアップしたので、価格は少し高いです。

ハリオ製 コーヒーメーカーのオススメ

ハリオ コーヒーメーカー V60 珈琲王2 EVCM2-5TB

ハリオ コーヒーメーカー V60 珈琲王2 EVCM2-5TB

13,080円(04/25 01:29時点)
Amazonの情報を掲載しています
抽出方式 ペーパードリップ
味の美味しさ ペーパードリップによる抽出で日本人が好むクリアな味の傾向に。
マシン性能 お湯を注いでくれる+保温機能でシンプル。
コーヒーミルの内蔵 ミルは内蔵されていないので別で購入が必要。
デメリット コーヒー豆を別で挽く必要があり、美味しいけど少し手間がかかる。
Arisa
Arisa
マニアやプロの間でも評価を得ていた珈琲王が2018年の年末にアップグレードされました。旧式と性能の違いは大きくありませんが、とにかくスリムでコンパクトになった事で置ける場所を選びません。

別途でコーヒーミルを用意する必要がありますが、私的にはイチオシのコーヒーメーカーです!

少しマニアックな使い方としては、V60ドリッパーを同社のカフェオールドリッパーに交換すると、ステンレスフィルターによりコーヒーのオイル分を更にたくさん抽出することができ風味が良くなります。

ただしこのフィルターはスーパーで買ったような安い豆を使うと、イヤな味も強くなるのでコーヒー屋さんで買った美味しいコーヒー豆を使う場合にこそオススメです。

ちなみに必須となるコーヒーミルも購入してプレゼントするという場合は下記がオススメ。

デロンギ製 コーヒーメーカーのオススメ

抽出方式 エスプレッソ
味の美味しさ そこら辺のカフェで飲むより断然おいしい。
マシン性能 ミルクフォーマーの性能が非常に素晴らしく、プロのバリスタに近い。
コーヒーミルの内蔵 内蔵されているため、別での購入は不要。
デメリット 値段が高額なこと。稼働中の音が、やや大きい。
Arisa
Arisa
いろいろなカフェに出向いて、プロのバリスタが作るカプチーノやカフェラテを飲み続けている私が非常に驚いたコーヒーマシンです。

デロンギの他の全自動エスプレッソマシンと違って、何が凄いか?というとエスプレッソのクオリティもですが、フォームミルクがとにかくキレイで全自動で作ったミルクでラテアートまで描けるクオリティ。

なんかバリスタも真っ青になりそうな全自動性能のエスプレッソマシンです。

ギフトにするには値段が少し高額かもしれませんが、ここぞというタイミングで、コーヒー好きなお父さんやお母さん・大事な人へプレゼントするにはピッタリのマシンです。

現時点で最高峰の全自動エスプレッソマシンです。
(同社のエレッタシリーズも同様です。)

次の項目からは、もう少し幅広く掘り下げて紹介していきます。

コーヒーメーカーを選ぶ前に把握しておくべき知識。

コーヒーメーカーを贈る前に

コーヒーメーカーをプレゼントする前に意識しておくべきことは、

  • 相手がどれくらいコーヒーにこだわっているのか?
  • 相手がどれくらいコーヒーが好きなのか?

例えばコーヒーの知識が無い初心者へコーヒーメーカーを贈るとき、プレゼントして最も喜んでもらいやすいのはワンボタンで抽出が始まる全自動のコーヒーメーカーでしょう。

それに対してペーパードリップなど、こだわってコーヒーを既に淹れている人に全自動のコーヒーメーカーを送ってもあまり喜んでもらえない可能性があります。

それに関して、ここから詳しく解説します。

まず、全自動のコーヒーメーカーは2つの分類に分けることができます。

  • カフェポッド式(カプセル)
  • コーヒーミル内蔵式

コーヒーメーカーを初めて選ぶ人もいると思うので、この2つの違いについても触れておきます。

カフェポッド式と、豆から挽くコーヒーミル内蔵式の違い。

ポッド式コーヒーメーカーの仕組みを簡単に説明すると、カフェポッドと呼ばれるあらかじめ挽かれたコーヒーの粉が詰め込まれたカプセルを使用します。

そのカプセルをマシン内にセットしてコーヒーを抽出する仕組みです。

それに対して、コーヒーミル内蔵式のコーヒーメーカーは好きなコーヒー豆を別途で用意してマシンにセット。抽出ごとに豆が挽かれてコーヒーが抽出されます。

コンビニやマクドナルド、スターバックスなどに設置されているマシンは後者のミル内蔵式のコーヒーメーカーを大型にしたマシンです。

ポッド式のメリット・デメリット

メリット
  • 誰でもとにかく簡単に淹れられる。
  • コーヒー以外にも、抹茶など味のバリエーションが多い。
  • 後片付けも非常にラク。
デメリット
  • 挽いた粉を使うため、味はあまり美味しくない。
  • ポッドの値段は、やや割高な傾向。

コーヒーミル内蔵式のメリット・デメリット

メリット
  • 品質の良い豆を使えば、比例して味も美味しくなる。
  • 味に関して微調整が可能なため、こだわりたい人でも満足できる。
  • ミルクフォーマーのクオリティも高くなってきている。
デメリット
  • 淹れ方の微調整が必要なときに、多少の知識が必要となる。
  • ポッド式マシンに比べて、少しだけメンテナンスが面倒。

プレゼントにピッタリ。全自動コーヒーメーカーのオススメ!

全自動コーヒーメーカーのオススメ

上記のカフェポッド式と、コーヒーミル内蔵式の事を念頭に置いてもらいながら、ここからはプレゼント・ギフトにピッタリなコーヒーメーカーを紹介します。

基本的に口コミなどの評価が高いものをピックアップしています。

父の日や、母の日など、プレゼントする相手が身内である場合は以下の3つの情報を収集しておくと、より喜んでもらえるプレゼントになるはずです。

  • ペーパードリップなど、抽出や味にこだわって淹れているか?
  • コーヒー屋でいつも豆を買っているか?
  • エスプレッソ抽出と、ペーパードリップ抽出ならば、どっちが好きそうか?

抽出や味にこだわっている、コーヒー屋でいつも豆を買っているようであればカフェポッド式のマシンはオススメしません。

またカフェラテやカプチーノが好きな人は、エスプレッソ抽出のコーヒーが好きな傾向にあるためエスプレッソ抽出式のコーヒーメーカーをプレゼントする方が良いでしょう。

エスプレッソ抽出方式

ネスカフェドルチェグスト

抽出方式 エスプレッソ(カフェポッド式)
味の美味しさ ミル内蔵式に比べると味のクオリティは大きく落ちる。
マシン性能 とにかく手軽に使うことができ、コーヒー以外にも、抹茶やココアなどのカプセルバリエーションもあるため家族で楽しめる。
コーヒーミルの内蔵 カフェポッド式のため既に挽かれている。
デメリット 全体的に味のクオリティは落ちる。

同居している家族内でプレゼントする場合は、
定期購入した方がマシン代はお得になります。

デロンギマグニフィカ

デロンギ 全自動コーヒーマシン マグニフィカ シルバーESAM03110S

デロンギ 全自動コーヒーマシン マグニフィカ シルバーESAM03110S

46,950円(04/25 01:29時点)
Amazonの情報を掲載しています
抽出方式 エスプレッソ
味の美味しさ 最高機種であるプリマドンナやエレッタに比べると、ミルクなどのクオリティはやや落ちる。
マシン性能 デロンギ社の全自動エスプレッソマシンとしてはエントリーモデルだが家庭用としては必要十分な性能。
コーヒーミルの内蔵 内蔵されているため、別での購入は不要。
デメリット 片付けはやや面倒という声も。

ドリップ抽出方式

UCCドリップポッド

UCC DRIP POD(ドリップポッド) チェリーレッド (DP1・R)×1台

UCC DRIP POD(ドリップポッド) チェリーレッド (DP1・R)×1台

8,680円(04/25 01:29時点)
Amazonの情報を掲載しています
抽出方式 ドリップ式(カフェポッド式)
味の美味しさ ネスカフェドルチェグストに比べると、コーヒーの味にこだわっているポッドが多く美味しい。
マシン性能 カフェポッド式としては味に特化しており高性能。ただしミルクのスチーマー機能などは付属しないため、注意が必要。
コーヒーミルの内蔵 内蔵されているため、別での購入は不要。
デメリット ネスカフェのような抹茶などのラインナップが存在しない。(緑茶や紅茶はある)

同居している家族内でプレゼントする場合は、
定期購入した方がマシン代はお得になります。

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー

抽出方式 ドリップ式
味の美味しさ 水を浄水化する機能がついているため、水道水でもある程度はクリアな味わいで美味しく飲むことが可能。
マシン性能 ミルクのスチーマー機能などは付属しないため、注意が必要。
コーヒーミルの内蔵 内蔵されているため、別での購入は不要。
デメリット 抽出へ特化・こだわった機能があまり無い。

【番外編】見た目のオシャレ度で選ぶ。

オシャレなコーヒーメーカー

プレゼントする相手の家がオシャレな時は、そのオシャレ感を崩さないスタイリッシュなコーヒーメーカーをプレゼントしたいですよね。

現状で最もオシャレと思えるコーヒーメーカーを2つセレクトしました。

ハリオ スマートセブン コーヒーメーカー V60オートプアオーバー

抽出方式 ドリップ式
味の美味しさ 淹れ方、レシピ次第で大きく変わる。V60ドリッパーにより相対的にクリアな味わいに。
マシン性能 抽出理論について多少理解しているコーヒー中級者以上だと、より楽しむ事ができるコーヒーメーカー。同社の珈琲王より、より幅広く調整できる。

見た目のスタイリッシュさと、ここまで抽出に特化したコーヒーメーカーは他にない。

コーヒーミルの内蔵 別で購入する必要がある。
デメリット コーヒー初心者にとっては、機能が多すぎる。

イリー フランシスフランシス ホワイト Y3

イリー フランシスフランシス ブラック Y3

イリー フランシスフランシス ブラック Y3

9,999円(04/25 01:29時点)
Amazonの情報を掲載しています
抽出方式 エスプレッソ式(カフェポッド)
味の美味しさ カフェポッドのエスプレッソに特化したマシン。カフェポッドのエスプレッソマシンの中では味のクオリティが高い。
マシン性能 イタリアンエスプレッソの老舗、イリーが発売しているマシン。ミルクのスチーム機能などは無いので注意が必要。
コーヒーミルの内蔵 カフェポッドのため不要。
デメリット 1杯あたり100円近い金額になるため、カフェポッドマシンの中でもコストパフォーマンスは悪い。

コーヒーメーカーと相性が良いコーヒー豆の選び方。

コーヒーメーカーにオススメのコーヒー豆

こんな事を感じたことはありませんか?

  • 全自動のコーヒーメーカーで飲むコーヒーって美味しくない。
  • コーヒーメーカーに相性がいいコーヒー豆って何だろう?

コーヒー初心者が陥りがちなのは、コーヒーメーカーを貰ったあとに、とりあえずスーパーで買った安くて美味しくないコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れてしまうという事。

もちろん豆が原因で、まずいコーヒーを飲む結果になるのですが…コーヒー初心者は「美味しくないのはコーヒーメーカーのせいだ」と考えがちです。

するとコーヒーメーカーを使わなくなり、押し入れの奥にしまい込んで使わないループに入ってしまいます。

こうなってしまうと非常にもったいないので、コーヒーメーカーをプレゼントするとき、特に相手がコーヒー初心者の場合は美味しいコーヒー豆も一緒にプレゼントしてあげるようにしましょう。

近年のコーヒーメーカーは性能も非常に上がっており、高品質な豆さえ使えばカフェでバリスタに淹れてもらったコーヒーに負けないクオリティを楽しむことができます。

では高品質な豆というのは何を基準に選べばいいのか?
これはスペシャルティコーヒーと呼ばれるグレードの豆を選ぶようにしてください。

一般的には全自動のエスプレッソマシンには深煎りのコーヒー豆を使う事が多いと思いますが、これに関してもルールはなく浅煎りのコーヒー豆を使ってみても面白い味になります。
(※ただし嗜好品なので、味の好みは各自それぞれある)

コーヒーメーカーと一緒に豆をプレゼントするときは、数種類の豆を試せる形で贈ると良いですよ!

Arisa
Arisa
ちなみに私個人のオススメは下記のロクメイコーヒー。
焙煎の大会で日本チャンピオンに輝いたコーヒーショップですので豆のクオリティはピカイチ。

ロクメイコーヒーの場合は4種類のコーヒー産地をまとめたお試しセットがあるので、コーヒーメーカーと一緒にプレゼントしてみると喜んでもらえるはずです!!

コーヒーメーカーの場合でも
おいしいコーヒーを
淹れるには美味しい豆選びから。

もっとコーヒー豆の選び方について知りたいときは、日本チャンピオンに輝いたロクメイコーヒーの代表焙煎士、井田さんを取材した下記の記事を参照にしてくださいね。

【保存版】日本1位の焙煎士「井田浩司」氏に教わる、コーヒー豆の選び方や焙煎ポイント!この記事は2018年9月17日に最新情報に更新されました。 最新追記:ロクメイコーヒーの井田さんが2018年度の焙煎技術を...

まとめ

  • コーヒー初心者に贈るときは全自動のコーヒーメーカーがオススメ。
  • 家族で使う場合はネスカフェやUCCドリップポッドも良い。
  • コーヒーにこだわりがある人へ贈るときは、ハリオかデロンギのコーヒーメーカーを。
  • おいしいコーヒーを飲むためには美味しいコーヒー豆が必須。
Arisa
Arisa

相手にとって喜んでもらえるコーヒーメーカーのギフトとなるよう、ぜひしっかり選んでみてください。

この記事が選び方の助けになれば、執筆した私としてこれ以上に嬉しいことはありません。(^-^)

ABOUT ME
この記事を書いた人/編集長Arisa
この記事を書いた人/編集長Arisa
三十路のシステムエンジニア。 2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。 1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。 エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。 おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。 更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。 コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。