コーヒーを淹れる方法と器具

【プロに聞く】浅煎りから中煎りのコーヒーを美味しく入れるドリップレシピ!

コーヒーのドリップのコツ
Arisa
Arisa

今回はドリップのコツについて教えてもらいました。
紹介してくださるのはハンドドリップの大会で準優勝されている滑川京子さんに解説して頂きました。
宜しくお願いします!

kyoko
kyoko

私も様々な淹れ方を試してきましたが、もっとも簡単で浅煎りのコーヒー抽出に向いている抽出方法は2016年に行われたワールドブリュワーズカップにおいてアジア人初の世界チャンピオンに輝いた粕谷哲バリスタが考案した4・6メソッドに基づくレシピです。

総注湯量を40%と60%に分けて考える抽出理論で、最初の40%で味の調整を、後ろの60%で濃度の調整を行います。豆の挽き目は指定の時間に落ちきる粗さに調整をし、注湯は全部で5回に分けて注ぎます。

必ず電子スケールを使って淹れるようにしてくださいね!

最初の1投目が蒸らしの役割を担っており、注湯は先の注湯がすべてドリッパーからサーバー内に落ちきってから行うようにしてください。

湯温は浅煎りだと93度、中煎りだと88度、深煎りだと83度が目安です。総湯量はコーヒーの粉量の15倍に計算します。

用意するもの

●中粗挽きに挽いたコーヒー20g
●お湯、400ml程度

累計時間 注湯量
0秒 50ml
45秒 70ml
1分30秒 60ml
2分10秒 60ml
2分45秒 60ml
3分30秒 ドリッパーを外す
Arisa
Arisa
簡単なので是非やってみてくださいね。
ABOUT ME
この記事の執筆/滑川 京子 氏(バリスタ)
この記事の執筆/滑川 京子 氏(バリスタ)
Felicemente代表。 小さな焙煎所、カフェチェーン店、バー勤務、イベントでのバリスタ業務、家電量販店でのマシン販売など様々な実務経験を経て、現在は子育てをしながらフリーランスのバリスタとして活動中。 『日々の生活を少し豊かにするお手伝い』をコンセプトに初心者向けのセミナーや子ども向けのセミナー、イベント出店などを主に行っている。 【所有資格】 ■日本バリスタ協会(JBA)認定バリスタ ■イタリア国際カフェテイスティング協会(IIAC)認定 呼称:エスプレッソ・イタリアーノ・テイスター 【実績】 ■日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)主催 ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ(JHDC)2018 2nd place(準優勝) ■デロンギ・ジャパン株式会社 電気カフェケトル ブランドアンバサダー