パナマのコーヒー豆の特徴に迫る

きなりゲイシャと言われても、日本人には芸者しか分かりませんよね。

ゲイシャというワードは、パナマで大注目を浴びたコーヒーの事です。

一体、どんな凄いコーヒーが出てきたのか?
じっくり迫ってみます^^b

パナマはコロンビアのすぐお隣。
面積的にもコーヒーの生産量的にも年間15万袋程度と言われています。

 


大きな地図で見る

 

決して大きな国とはいえません。
山間でコーヒーを生産しているため、農園の標高にばらつきがあり、
そのためパナマのコーヒー規格は標高によるもの。

最高級のものはSHBです。
そんなパナマが近年、なかなかにアツイ!
そのワケは「Cup of Excellence」というオークションシステムができたことです。

どんなコーヒーがおいしいコーヒー?
消費者である私たちにとって見れば、その豆が大きいか小さいか、
欠点豆が多いか少ないかなんてさして問題ではなく、
そのカップ一杯のコーヒーがおいしいかどうかのみが大切なんですが、
これがまた比べづらい。どう感じるかは人それぞれですから。

ですので、従来のコーヒー格付け基準において、
味で審査されるのは「まずいコーヒーではないか」。

豆の大きさなどわかりやすい基準で取引していました。

地方単位で相当な量の豆を扱うのですから、
物差しは誰にでもわかりやすいものでなくてはなりません。

ところが近年になって、トレーサビリティー、つまりそのコーヒーが
どこの国のどの農園で獲れたものなのか、ということが非常に重要視され始めました。

流通システムが整ったことによって、個々の農家の人たちにスポットライトが
当たるようになってきたのです。

「もっともっとおいしいコーヒーを飲みたい」
「一生懸命、最高級のお豆を生産する農家が、正当な報酬を得たい」

これらのニーズを満たすために、できたコーヒー豆を実際に飲んでみての、
オークションが始まりました。

それが「Cup of Excellence(カップ・オブ・エクセレンス)」です。

このシステムでは、収穫し精製されたコーヒー豆を持ち寄り、
資格を持ったカッパーがカッピングにより審査します。

カッピングの方法は後述しますが、
どこの農園なのかという情報は伏せられたまま、100点満点で評価された
コーヒーはすぐさまインターネットオークションにかけられ、
その落札額のすべてが農家の人のもとに渡されます。

中間業者を通さないことによって、流通の透明性をはかるとともに、
優れたお豆の生産者に多大な利益をもたらします。

ですので、カップオブエクセレンスもフェアトレードの一環になると考えている人もいます。

いまではブラジルを始め、コロンビア、コスタリカ、パナマ、
グアテマラ、ニカラグア、ルワンダなどの国が参加して、
それぞれの国ごとにオークションを行っています。

個人的には、生産国において大きな格差を生むのではないかと心配しています。
このCup of Excellenceで一躍有名になったのが、

そう、パナマのエスメラルダ農園。

ここではエチオピア原産の非常に珍しい栽培品種、ゲイシャ種を栽培しています。
ゲイシャとは品種の事ですね。

2004年のCup of Excellenceパナマにおいて、
エスメラルダ農園のゲイシャ種は1位を獲得。

1ポンド(約0.5キロ)あたりなんと21ドル(約2000円)という
高値で落札されました。

同じような水洗式のアラビカ種が、市場取引ではせいぜい1.5ドル(約150円)
だということを考えると、桁外れに高い値段です。

実はエスメラルダ農園、1位を獲得したのはこの年だけでなく、
何年も連続で勝ち続けているため、「ゲイシャが出てきたら絶対優勝しちゃう」ってことで
「エスメラルダスペシャル20○○」などの名称で、別枠の競りにかけられています。

 世界を魅了したゲイシャの味わい・特徴

ゲイシャフレーバーとも異名がつく独特の味わい。
他のコーヒー豆と香りも全く違い、コーヒー初心者でも
その違いについて見分けがつくほどです。
まるでコーヒーじゃない花のような香りに、
飲めばレモンの様な柑橘系の甘い味わい。

言葉では説明しつくす事が出来ないので、
懐に余裕のある方は試して見られることをオススメします。
(高級品のごとく高額価格で売られているのは今も昔も変わりません)

死ぬまでに1度飲んでおきたいコーヒーである事は間違いありません。
(私は、ありがたい事に何度か飲ませてもらっています(*^-^*)

↓↓↓

(私のオススメ、珈琲工房ひぐちさんのページへ)

 

2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。
エチオピア・イルガチェフ(それもナチュラルプロセス)はコーヒー屋さんごとで飲み比べるほどの大好物。

このサイトではプロのバリスタに一部記事の監修をお願いしてます!
私自身はサボりつつ…ゆるーい分野の記事を担当。

イイねと思ったらポチっとね!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【編集長セレクト】最高のコーヒータイムを楽しむなら、ロクメイコーヒー!

 ROKUMEI COFFEE(ロクメイコーヒー)

ROKUMEI
【祝】焙煎の競技大会において2018年度、日本1位に!


通信販売でも人気急上昇中。奈良県発、鹿がトレードマークの新星コーヒー屋。
ブレンドコーヒー、シングルオリジン、共に豆の個性を生かした焙煎でどれを飲んでも安心感があります。

初めての方は4種類のお試しセットを。さらにコーヒーも旬がありますので、毎月いちばん美味しいコーヒーを送ってくれる定期購入コースもオススメ!

やはり全自動マシンで抽出するような味とは格段の差があり、本当の意味で至福のコーヒータイムを演出してくれます。
本物のコーヒーを体験したいなら、まずは絶対に試してみてくださいね!

公式ページ