コーヒーの産地と特徴

ブラジルの生産地と収穫方法

burajil

ブラジルのコーヒーは生産量でダントツ1位、

コーヒーの栽培から加工の設備、輸送時の品質管理、細かな規格などの点で、明らかに一番の先進国です。

ブラジルの農園の特徴

そこでブラジルでは、きちんと区画整理された畑で、機械によって収穫を行っています。

この収穫機械、もとはオリーブの実をつみ取るために開発されたものだとか。

広大な土地と、膨大な量を収穫する機械が使えたからこそ、これだけ生産量を増やすことに成功したのでしょう。

そういえばブラジルのコーヒー農園の風景を見ると、シェードツリーはあまり生えていないような気がします。
機械が入りやすくするためでしょうか。

ちなみに、ペネイラという道具を使って人が行う収穫は、機械の導入により少なくなってしまったのではないかと思います。

WS000034

ペネイラとは収穫されたチェリーを高く放り上げて、葉っぱや小枝などを効率よく除くための道具です。

どうしてブラジルだけ、重機・機械を導入できたのでしょうか?

1つの理由として挙げられるのは、ブラジルのコーヒー栽培地が平地だから。

アラビカ種の栽培に適する標高は、だいたい800m~2500m。
800mっていったら兵庫県にある六甲山のほぼ山頂付近。

そんな高いところなんて、普通は急斜面の山ですよね。

大型機械は入れませんから、手摘みするしかありません。

ところがブラジルでは、北部から中央部にかけて、セラードと呼ばれる大草原が広がり、そこは標高800~1100mにもかかわらず、実はなだらかな台地。

重機・機器も導入する事が出来、大規模農園にはうってつけの地理条件です。

また、ブラジルでの主な精製方法は、一番手がかからない乾燥式。
しかも、イエメンのように天日で乾燥させるのではなく、機械乾燥式式です。
(ブラジルに限らず、多くの水洗式の国でも機械乾燥は用いられています)

これもまた、大量生産を可能にしている理由の1つではないかと思います。

最近になってブラジルを中心として行われるようになった、パルプドナチュラルという精製方法も紹介しておきます。

英語ではセミ・ドライとも呼ばれます。
パルプドナチュラルでは、果肉を除去したあと、ムシラージュ(粘質物)をつけたまま乾燥させていきます。

果肉を除去する機械が必要になり、乾燥式よりも一手間かかりますが、この方法で加工されたコーヒー豆は甘みが引き立つと言われます。

最近、ブラジルでコーヒーの品評会(COE:カップオブエクセレンス)が始まりました。

そして、ブラジルの品評会の上位はほとんどパルプドナチュラルで加工されたものだったそうです。

ストレートでオイシイのはもちろんですが、バランスが良くほのかな甘みのあるブラジルのコーヒーは、ブレンドのベースとしても重宝されて欠かせない存在です。

ブラジルのコーヒーランク付け

  • Strictry soft
  • soft
  • hard
  • rioy
  • rio

ちなみに最後のrio というのだけ簡単に説明すると、ブラジルの豆特有で、ヨードホルムのような臭い。

良くないブラジルコーヒー、特にリオデジャネイロ地方でとれたコーヒーの一部からはリオ臭がするそうです。

この味の審査は、どちらかというと欠点豆を含むコーヒーを見つけるのが目的。

「おいしいコーヒーを探す」ではなく「悪いコーヒーを除く」ことに主眼をおいた審査です。

じゃあ誰が味の審査をするのか。

ブラジルには「クラシフィカドール」と呼ばれる、国家資格のコーヒー鑑定士がいます。

養成学校みたいなものがあって、UCCなどではクラシフィカドールになるために
ブラジルに渡る人もいる位だそうです。

彼らは味を見たコーヒーの中に、欠点豆があることを見極めるだけではありません。

なんと欠点豆を意図的に混入させて、要望に応じた味に整える技術まで持っているそうです。

ちなみに味ではなく、見た目によるジャッジだとこんな感じです。

WS000033
こうして選別・審査されたコーヒーは、マキニスタという精製業者によって加工され、エンサカドールと呼ばれる人によって麻袋に詰められ、生産者と輸出業者の仲介人・コヘットールを介して世界各地へと飛び立っていきます。

ちなみにブラジルでは1bagは60kg。

ふつう、コーヒーは生産国においてパーチメントの状態で保管され、輸出の際にはパーチメントとシルバースキンをはがして麻袋に詰められ、船で運ばれるのですが、この麻袋の大きさが少しバラバラ。

標準はブラジルと同じ60kgで、ICO もこの量で生産高などを計算しています。

例外は中米の69kgや、ハワイの45kg。
また、樽詰めブルーマウンテンの70kg。
イエメンは60kgですが、10kgごとに小分けされているそうです。

ABOUT ME
この記事を書いた人/編集長Arisa
この記事を書いた人/編集長Arisa
三十路のシステムエンジニア。 2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。 1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。 エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。 おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。 更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。 コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。