「コピ・ルアク」世界一高いコーヒー豆

jakouneko

インドネシアには世界一お高いコーヒーがあるのをご存じでしょうか?

生豆100gあたりで、6000円とか平気でするコーヒー、
(通常相場で100gと言えば500円~1000円程度)

その名は「コピ・ルアク」。
コピとはインドネシア語で「コーヒー」
では「ルアク」は・・・?・・・というとなんと「糞」のこと。

なんとジャコウネコが食べたコーヒーの糞を拾って集めたモノ。
別名「糞コーヒー」なんて呼ばれたりします。

 

ャワ島などには「ジャコウ猫」というコーヒーチェリーを食べる動物が住んでいます。
果肉は彼らの血となり肉となり、分厚いパーチメントや
シルバースキンさえも消化されますが、コーヒー豆だけはは消化されずに排出されますので、
それをせっせと集めてコーヒーにするのです。

独特の香気があるんですよね・・・。

まぁ、コウモリの糞から集めた蚊の目玉のスープなんて珍味もあるくらいですから・・・
どこに落ちてるかわからないジャコウ猫の糞を集めるんですから、そりゃ大変。

世界一高いコーヒーである理由は、残念ながら「おいしいから」ではなく、
その希少価値ゆえです。

買う時は、信頼できる焙煎屋さんから買うのが吉。
淹れる方法も、当ブログ紹介の正しい淹れ方で実践してくださいね。

そうじゃないと、せっかくの「糞コーヒー」を正しく味わえません(笑)

「糞コーヒー」と書くと、なんだかなぁ・・・( ゚Д゚)

以上、ジャコウネコのコーヒー「コピ・ルアク」でした。

↓↓↓


  (安心の焙煎品質・珈琲工房ひぐちさんのページ)

 

2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。
エチオピア・イルガチェフ(それもナチュラルプロセス)はコーヒー屋さんごとで飲み比べるほどの大好物。

このサイトではプロのバリスタに一部記事の監修をお願いしてます!
私自身はサボりつつ…ゆるーい分野の記事を担当。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓