「ダッチコーヒー」インドネシア流の水出しとは?

zou

インドネシア発、ダッチコーヒー。
インドネシアにコーヒーを持ち込み、また長いこと宗主国であったオランダにちなんで、「ダッチコーヒー」と呼ばれる飲み方があります。

インドネシアで生まれた、水出しコーヒーとは「どんなんやっ!?」という事で軽く紹介してみます(^-^)

水出しコーヒーには、プレスのように粉を完全に水に浸してしまう方法と、写真のような器具を使うドリップ方式の2種類がありますが、普通「ダッチコーヒー」と呼ばれるのは、このドリップ方式です。

原理は見たまんまで、1秒1滴くらいのゆっくりぽたぽた8時間くらいかけて抽出します。

時間がかかるのが一番の欠点ですが、熱を加えないため時間がたってもまずくなりにくく、何よりコーヒーの揮発性成分が液体に潜んだまま口の中に入ってくるので、鼻からふわっと抜けていくフレーバー(味と香り)がすごい。

他の抽出方法では絶対出せない風味のコーヒーができます。

なぜ、この飲み方はインドネシアで生まれたのか!?

インドネシアは赤道直下で、一年中アツイ国だから、アイスコーヒー飲みたいから?そうでもないんです。
インドネシアにはあれだけ暑いにもかかわらず、アイスコーヒーの習慣はないそうです。

その理由としてはロブスタ(高品質ではないが病気に強い)のコーヒーをおいしく飲むため。

インドネシアはサビ病によりアラビカ種(高品質品種)が壊滅してから、世界有数のロブスタ生産国です。

ロブスタの特徴は、まず口に含んだときにガツンとくる力強い苦み。
それを和らげるには?ってことで、口当たりがソフトになりやすい、水出しコーヒーが考えられたのです。

ちなみに、オランダでダッチコーヒーがよく飲まれるワケじゃ~ありません!

2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。
エチオピア・イルガチェフ(それもナチュラルプロセス)はコーヒー屋さんごとで飲み比べるほどの大好物。

このサイトではプロのバリスタに一部記事の監修をお願いしてます!
私自身はサボりつつ…ゆるーい分野の記事を担当。

イイねと思ったらポチっとね!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【編集長セレクト】最高のコーヒータイムを楽しむなら、ロクメイコーヒー!

 ROKUMEI COFFEE(ロクメイコーヒー)

ROKUMEI
【祝】焙煎の競技大会において2018年度、日本1位に!


通信販売でも人気急上昇中。奈良県発、鹿がトレードマークの新星コーヒー屋。
ブレンドコーヒー、シングルオリジン、共に豆の個性を生かした焙煎でどれを飲んでも安心感があります。

初めての方は4種類のお試しセットを。さらにコーヒーも旬がありますので、毎月いちばん美味しいコーヒーを送ってくれる定期購入コースもオススメ!

やはり全自動マシンで抽出するような味とは格段の差があり、本当の意味で至福のコーヒータイムを演出してくれます。
本物のコーヒーを体験したいなら、まずは絶対に試してみてくださいね!

公式ページ