【保存版】東京で通いたくなるコーヒー教室12か所をまとめました!

この記事は2018年10月13日に更新されました。

 
スタバのコーヒーセミナーからランクアップしたいなら!

東京都内で開催されているコーヒー教室、セミナーや講座の情報をまとめてみました。

専門的だったり個性がある講座を厳選!
本格的に技術を学べるカフェ専門学校も最後に少しだけ紹介しています。

あなたにピッタリのコーヒー教室が見つかりますように(^-^)

【新橋】コーヒーの全てが学べる!UCCコーヒーアカデミー。

(引用:https://www.ucc.co.jp/academy/tokyo/)

UCCコーヒーアカデミーイラスト

コーヒー好きなら必ず知っているUCCが運営するスクール。
東京・神戸で運営されており本拠となっているのは神戸のようです。

同じく大手コーヒーチェーンが運営するスターバックスの講座より、さらに専門的な内容で単発講座からコースの講座まで様々。

受講料は、やや高いイメージですが初心者から~中級者以上も通えるスクールです。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
初心者向けの講座であるベーシックコースがオススメです。
私も、かなり昔に通った事がありますが趣味で楽しむ人が多かったです!
そして若い人が多いスターバックスのセミナーよりも少し年齢層が高い気がしました。
コーヒーのレベル的には自分と同じくらいの人が多いので、その点はやりやすかったです。
そしてアットホームな雰囲気より、きっちりとしたスクールの印象です。

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
UCCアカデミー最大のメリットは講座数の多さにあります。
ベーシックコースの次はプロフェッショナルコースというコースもあり、値段はやや高いですが、より専門的に学ぶことが出来ます。
また単発のスペシャリスト講座は、店舗で実際に働かれているプロも受講者に多かったです。
ある意味、趣味で楽しんでいる私のレベルでは歯が立ちませんでした><;笑

【押上】完全マンツーマンでトレーニング!株式会社大一電化社

(引用:株式会社大一電化社

優勝経験を持つ講師がマンツーマンで。イラスト

教室の場所はスカイツリーを眺められる押上に位置しています。
エスプレッソマシンの輸入会社である、大一電化社さんが展開されているマンツーマン教室。

実は私自身は受講したことはないのですが、講師の植松さんが以前ストリートアカデミーで主催されていた講座を受講したことがありました。

完全マンツーマンで授業を受けることができるので、短期間で成果が出るため趣味で楽しむというより店舗開業やバリスタスキルを身に着けることを目標とされる方が多いようです。

東京教室の講師を務められている植松さんは、バリスタやバーテンダーの大会で優勝経験あり。

バリスタ業界のラ〇ザップを目指すって書かれてるくらい成果を出すという事だと思うのですが、価格もちょい高め。
ただ専門学校に比べれば価格も安く、短期間ですし何より世界的なプロから直接教わることが出来るので価値があるかもしれませんね。

実際に受講された方の成長記録が面白かったです。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中4点)
植松さんの人柄も相まって非常に分かりやすく楽しい時間を過ごさせて頂きました。

ただマンツーマンに関しては価格が少しネックですし、趣味で楽しむにはちょっとハードルが高いかな。。。
もちろん、私も余裕が出来れば受講したいですけどね!

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
完全マンツーマンなので、より高いレベルを目指したい方には絶対に向いていると思います。
店舗の開業予定者や、バリスタやバーテンダーを本格的に目指す人は最適ではないでしょうか?
会社自体がエスプレッソマシンの輸入ショップなので、一緒にエスプレッソマシンも購入できるようです!


【青山】ラテアートの老舗、ブレンズコーヒーのラテアート教室!

(引用:https://www.blenz-japan.com/)

ラテアートの老舗店が教えるラテアート講座イラスト

青山と霞ヶ関、2か所に店舗を構えるブレンズコーヒー。
昔は関東を中心に店舗も沢山あり、都内でもラテアートが有名なお店でした。
現在は青山の店舗で定期的にラテアート講座が開講されています。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
基本的に小型の業務用マシンを使用しての講座です。メインでの講座は主に初心者向けの内容になっているようなので趣味で楽しむ程度の方が多いイメージです!

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中4点)
中級者以上のレベルには「ラテアート中級講習会」というレベルをグレードアップしたレベルが用意されています。

【原宿】すぐに定員が埋まるNOZY COFFEEのコーヒーセミナー!

(引用:https://www.nozycoffee.jp/seminar/)

人気コーヒーショップが教えるコーヒーセミナーイラスト

三宿に本店を構えるNOZY COFFEE.
スペシャルティコーヒーを提供する店舗の中でも、ブレンドのコーヒー豆を扱わないなどシングルオリジン(単一農園)に特化されており先進的。
焙煎工場としても運営されている原宿のTHE ROASTERYでは定期的にコーヒーセミナーが開催されています。

やや高めの受講料ですが、すぐ満席になる人気セミナーばかりですよ。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中4点)
ラテアート系のセミナーから、コーヒーの味に関するセミナーまで様々で、初心者の方でも比較的安心して受講することができるのではないかと思います。
ただ、コーヒー専門店主催だけあり初心者より中級者以上向けセミナーが多い印象です。

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中4点)
全体的に中級者以上の方が楽しめるセミナーが多く感じます。カッピングセミナーも4人という少人数制のため、より専門的に勉強することができます!
バリスタを目指したい人にも最適ですね(*^^*)

【尾山台】日本のトップレベル、丸山珈琲のコーヒーセミナー!

(引用:https://www.maruyamacoffee.com/)

日本トップレベル主催のセミナーイラスト

バリスタの大会でも世界チャンピオンを輩出し一躍有名になった丸山珈琲。
東京では尾山台、西麻布などに店舗を展開されています。

初心者向けのセミナーからプロ向けのセミナーまで様々で、豆の飲み比べ(カッピング)ならば1000円で参加する事も可能です。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
家庭向けのセミナーも多く開催されており、家でコーヒーを淹れる際に必要なスキルを身に付ける事が出来ます。ただし開催場所が東京なら尾山台、後は長野県の店舗になってしまうので場所だけは少しネックです。

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
日本トップクラスの専門店だけあり、エスプレッソの味の調整であったり、酸味の品質を比べるような専門性の高いセミナーも開催されています。こちらもバリスタを目指したい人には最適なセミナーですね!!

【吉祥寺】若手のトップバリスタたちが運営する、ライトアップコーヒーのセミナー!

(引用:http://lightupcoffee.com/seminar/)

ブルーを基調としたスタイリッシュな店舗イラスト

コーヒーの大会でも活躍する、若手のトップバリスタが運営する教室&スクール。
パブリックカッピング(自由にコーヒーの味を楽しむことができる時間)なども定期的に開催されています。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
初心者から上級者向けまで、幅広いジャンルをカバーしています。
他の教室とも違い、しっかりしたカリキュラムが組まれている印象。

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
プロを目指すのであれば、2か月間の短期スクールも検討すると良いかもしれません。
内容を見る限りコストパフォーマンスも優れていると思います。

【駒沢大学】中米産コーヒーの専門家、カフェテナンゴのコーヒーセミナー!

(引用:http://www.cafetenango.jp/html/page7.html)

中米産のコーヒーにこだわるマニアックな店舗イラスト

最寄駅から徒歩10分ほど歩く必要があるのがネックですが、マニアックなセミナーが多いです。都内でも少ないディードリッヒ焙煎機を使ったセミナーも開催されています。編集長も、一度だけ受講してみたことがあります。

受講価格は、他と比べるとちょっと高めかな。

お店が小さいのもあるのですが、少人数での開催なので色々聞くことができました。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中4点)
ちょっとマニアックな人のセミナーを受けてみたいと思ったときにはオススメです。
ただ駅から店舗までが意外に遠いので、初めて受講するときは時間に余裕をもって向かった方が良いですよ!

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中4点)
全体的に中深煎りの傾向が多いので、酸味系のコーヒーが好きな人や中米産以外のコーヒーが好きな人にはちょっと厳しいかもしれません。ただ、知識としてしっかり身に着けておくのは良い事だと思います。

【渋谷】ラテアートの世界チャンピオンが教える、小川珈琲のコーヒーセミナー!

(引用:https://www.oc-ogawa.co.jp/news/baristaseminar/)

京都の老舗コーヒー店によるエスプレッソセミナーイラスト

ワールドラテアートチャンピオンシップで優勝した世界一のバリスタから、直接教わることができます。
エスプレッソコースと、ラテアートに特化した2つのコースから選べます。

やや受講価格は高いですが、世界一のラテアート技術を見ることができます。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中4点)
エスプレッソやラテアートに特化しているので、家にエスプレッソマシンがあるならばオススメします。また世界一の技術を見てみたいという時にも最適!

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
バリスタのプロを目指す人にとって、大会で優勝されているバリスタの技術を目の前で見ることができるのは非常に良い経験になるはずです。

【西新橋】1955年からスタート。歴史あるキーコーヒーのコーヒーセミナー!

(引用:https://www.keycoffee.co.jp/seminar)

卒業生20万人という歴史ある教室イラスト

UCCコーヒーアカデミーとも、やや近い開催場所で歴史自体もUCCと並ぶ老舗のコーヒー屋です。
セミナーの種類数はUCCコーヒーアカデミーが充実している印象がありますが、キーコーヒーのセミナーは必要な情報がコンパクトに凝縮されています。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
とりあえず、なんか体験してみたいと思ったらカルチャークラス(体験教室)がオススメです。

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中4点)
マニアックな内容のセミナーはUCCコーヒーアカデミーに負けてしまう印象。必要最低限の情報を得られるセミナーです。

【西新橋】イタリアンエスプレッソの老舗。イリー(illy)のコーヒーセミナー!

(引用:https://www.keycoffee.co.jp/illy/udc/)

歴史あるイタリアンエスプレッソのコーヒー屋イラスト

開催場所は上記でも紹介したキーコーヒーと同じ場所で開催されています。
イタリアンエスプレッソやバリスタについて学びたい人に最適です。

初心者へのオススメ度は?
 (5点満点中5点)
イタリア発祥であるバリスタという職業を学ぶのに適しています。

中級者以上へのオススメ度は?
 (5点満点中4点)
エスプレッソエキスパートという内容のセミナーもあります。
ただ2日間で8万円を超える金額と…やや高めなので、本格的に勉強する人には最適かもしれません。

 

【カフェ専門学校】本格的に勉強するのに最適な東京のスクール

本格的にバリスタを目指すなら!

カフェ専門学校のメリットは卒業後の就職先も紹介してくれるので、すぐにバリスタとして活躍する機会も得ることができます。
また長い期間をかけてスキルを学ぶ専門学校を卒業しているだけで、転職時にもバリスタとして採用されやすいというポイントがあります。

受講料が高いのがネックと言えます。
内容を把握するためにも学校へ資料請求して自分にピッタリなのか、しっかり判断してみてくださいね!

【目白】最新設備と高い水準の技術を勉強できる「赤堀製菓専門学校」

赤堀製菓専門学校 バリスタ

 
設備レベル
技術レベル
おすすめ度

元々は製菓専門の学校でしたが、カフェ科にも力を入れられてます。
平成25年に校舎を全改装され、設備なども最新鋭のものに!

いま東京のカフェ専門学校の中でもトップクラスの設備が整っています。
バリスタの大会でも使われる最新のエスプレッソマシンもありますね!

現役のバリスタから情報を聞いても、東京で最もオススメできる設備が整っているとの事でした。
次に紹介するベルエポックとも同系列の学校です。

下のリンクから資料請求できるよ!(*^-^*)

 

【西葛西】人気のバリスタコースあり「東京ベルエポック製菓調理専門学校」

ベルエポック バリスタ

 
設備レベル
技術レベル
おすすめ度

上記でも紹介した赤堀製菓専門学校とは姉妹校になります。
ですので、自宅から近い学校へ通うのがベストですね。

こちらも赤堀製菓専門学校と基本的に同じなので説明は省きます。
ただ設備に関しては、新しく建てられた赤堀製菓専門学校の方がやはり綺麗な印象ですがカリキュラムなどは安心の内容です。

下のリンクから資料請求もできるよ!(*^-^*)

 
これにしようっ!て思えるコーヒ―教室は決まりましたか?
コーヒー教室はコーヒーの勉強をするだけでなく、コーヒー好きの友達を作ったりする機会にもなります。
休日のみならず、仕事帰りに参加できる教室もあるので貴方にピッタリの教室を見つけてくださいね(^-^)

2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。
エチオピア・イルガチェフ(それもナチュラルプロセス)はコーヒー屋さんごとで飲み比べるほどの大好物。

このサイトではプロのバリスタに一部記事の監修をお願いしてます!
私自身はサボりつつ…ゆるーい分野の記事を担当。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓