ブラジルの生産地と収穫方法

burajil

ラジルでは、実に近代的なコーヒー栽培がされています。

まず大きな特徴は収穫方法。
多くのコーヒー栽培国ではコーヒーチェリーを一粒一粒、手で摘んでいます。
その為、収穫の時期にはものすごく人手がいります。

「ブラジルの生産地と収穫方法」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

コーヒーのランク付け【ブラジル主体解説】

jaji

ラジルでは生豆の見かけだけでなく、味でもコーヒーをランク付けします。

ある資料によると、こんな感じのジャッジが下されます。

「コーヒーのランク付け【ブラジル主体解説】」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

ブラジルのコーヒー豆と生産地

seisannkoku

ラジルはいろいろな意味で、コーヒーにおいては世界一だといえます。

それは単に生産量でダントツ1位、
世界の約30%はブラジルコーヒーだから・・・というワケではありません。

コーヒーの栽培から加工の設備、輸送時の品質管理、
細かな規格などの点で、明らかに一番の先進国です。

今日は、ちょっとだけマニアックに掘り下げてみますね^^ノ

「ブラジルのコーヒー豆と生産地」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓