【教科書】夏に飲みたい水出しコーヒー、オススメの作り方!

(画像参照:https://www.hario.com/seihin/productdetail.php?product=FIC-70-CBR

水出しコーヒーの教科書、つくりました。
水出しコーヒー、最大の良さはクリアな味わいにあります。

ドリップしたコーヒーを急冷しただけでは出す事が出来ない、水出しアイスコーヒーの味。
夏本番までに覚えておきたい水出しコーヒーについて、まとめてみました。

「【教科書】夏に飲みたい水出しコーヒー、オススメの作り方!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【必見】カフェプレスでコーヒー抽出。淹れ方・使い方を解説!

この記事は2018年10月31日に更新されました。4fun

最も簡単にコーヒーを淹れられる方法!

「最も簡単にコーヒーを淹れられる方法は何ですか?」…という質問に対して、私は必ず「カフェプレス(フレンチプレス)」と答えます!

それは「ほったらかしの4分でコーヒーが、おいしく淹れられるから」。それに加えて、揃える器材も少なく済みます。ゼロからの状態でも5000円程度の投資で美味しく淹れられるようになります。

また、大手のスターバックスなどもプレス抽出を採用しています。
その事からもプレス抽出が高品質なコーヒーにとって最適な抽出である事がお分かりいただけると思います。解説では沢山の写真を使いました。初心者の方でも分かりやすいと思うので見てくださいね(^-^)

まずは、カフェプレス抽出の参照動画をご覧あれ!


(参照:https://www.maruyamacoffee.com/ 「【必見】カフェプレスでコーヒー抽出。淹れ方・使い方を解説!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

ペーパードリップの疑問点に答えてみました!

pepa-situmon

ペーパードリップQ&A
嬉しい事に、このブログを読んでくださった方からコーヒーについて専門的なご質問を頂いたりします。

今回は、たくさんの質問を頂く分野である「ペーパードリップについて」私のお答えできる限りでお伝えしたいと思います(^-^)

「ペーパードリップの疑問点に答えてみました!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

ペーパードリップでアイスコーヒーを淹れる簡単手順!

drip2

ペーパードリップ×アイスコーヒー
暑い夏にはキンキンに冷えたアイスコーヒーを飲みほしたいですよね(^-^)
ここではHARIO V60を使ったアイスコーヒーレシピをご紹介します。

「ペーパードリップでアイスコーヒーを淹れる簡単手順!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

ペーパードリップの抽出理論を簡単に説明すると!

pe-pa-

コーヒーを抽出するとは?
理論と言えば少し大げさですが、ペーパードリップに関わらずコーヒーの抽出全般において頭に置いておくと味をコントロールできるようになる要素があります。

「ペーパードリップの抽出理論を簡単に説明すると!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

円錐形ドリッパーのメーカーと種類を解説!

drip2

人気が高くなってきた円錐形
円錐形ドリッパーと突然言われて、想像できますか??

もし想像できるなら、コーヒーに詳しいとお見受けします^^
ドリッパーを大きく分けるとカリタ式・メリタ式のような台形型のドリッパーと本日紹介する円錐形ドリッパーの2種類があります。

「円錐形ドリッパーのメーカーと種類を解説!」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

【元祖】ドリップコーヒー生みの親、メリタ・ベンツとは?

drip

100年以上の歴史があるペーパードリップ
ドリップコーヒーと一概に言われても、様々な方法もあり範囲が広すぎると言って過言じゃないドリップ抽出。

そもそもドリップコーヒーは何から生まれたのか、今日は覚えておくと、ちょっとだけ自慢げに話せる?
そんなドリップコーヒーのヒストリーをお伝えします。

「【元祖】ドリップコーヒー生みの親、メリタ・ベンツとは?」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓

「ダッチコーヒー」インドネシア流の水出しとは?

zou

インドネシア発、ダッチコーヒー。
インドネシアにコーヒーを持ち込み、また長いこと宗主国であったオランダにちなんで、「ダッチコーヒー」と呼ばれる飲み方があります。

インドネシアで生まれた、水出しコーヒーとは「どんなんやっ!?」という事で軽く紹介してみます(^-^)

「「ダッチコーヒー」インドネシア流の水出しとは?」の続きを読む…

三十路のシステムエンジニア。
2013年、大好きなコーヒーでWEBサイトを作りたいと当サイトを立ち上げ。

1日3杯のコーヒーが欠かせない中毒者だが、最近はコーヒーのステイン汚れに悩まされている。
エチオピア・イルガチェフ、それもナチュラルプロセスが好物。ただ時間がないときはネスカフェでも全然OKな人間。

おいしいコーヒーを入れるために必要な「コーヒー豆」「道具」「淹れ方」など、様々な情報を紹介。

更新をサボりにサボった時期もあったが、強力な監修者を経て再び更新を再開。
コーヒーのキュレーションメディアでオンリーワンを目指して日々更新中。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓