【プロが監修】常温・冷蔵・冷凍どれがいい?コーヒー豆「保存」の教科書!

コーヒーの保管方法を覚えよう!

コーヒーは新鮮なうちに飲むのが、おいしさの第一条件です。焙煎してから時間が経つほど、コーヒー豆は劣化して風味が失われていきます。
そのため、焙煎直後の豆を少量ずつ買って早めに飲み切るのが理想です。

しかし、つい多めに買ってしまって飲み切れない…という方もご安心を!
適切な保存方法を選べば、最後の一杯まで、おいしいコーヒーが楽しめます。

この記事は「日本スペシャリティコーヒー協会」の「アドバンスド・コーヒーマイスター」の資格を持つHiromiBさんに執筆いただきました。

読み終わったころにはコーヒー豆の保存方法をスッキリ理解できます!
まさに教科書にふさわしいボリュームなので、いつでも見返せるようブックマークにも是非どうぞ(^-^)

「【プロが監修】常温・冷蔵・冷凍どれがいい?コーヒー豆「保存」の教科書!」の続きを読む…

コーヒー・アート・本にテクノロジーなど、幅広いジャンルで執筆しているフリーランスのライター。仕事で大切にしているのは「わかりやすさ」と「共感」
ITコンサルタントの顔も持つがコーヒーが好きすぎて焙煎の修行中。

 

【所有資格】
SCAJ アドバンスド・コーヒーマイスター

【編集長より一言】
日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が認定するコーヒーマイスターの上級資格であるアドバンスドに合格。コーヒーの専門家でありながらも、一般的な視点でコーヒーの事を優しく教えてくれる心強い味方。

イイねと思ったらポチっとシェア!ポチっとは編集長のモチベにつながります(笑)
↓↓↓