有機栽培のコーヒー豆に関して覚えておきたいポイント

有機コーヒーの栽培について
今の日本で有機栽培の認証を受けている商品は、コーヒーに限らず沢山ありますよね?そして世界や日本のマーケットにおいても有機栽培のコーヒーは今でも根強い人気があります。

一体どのような栽培をされているのか気になりませんか?しかし生産国の裏側を見れば、また違った一面も見えてくると思います。

ただ結論から言うと有機栽培のコーヒーは全てが美味しいわけじゃない、全てクオリティが高いわけじゃない、これだけは覚えておいてくださいね。

それでは解説しましょう!

有機コーヒーが栽培されている環境。

まず、有機栽培・オーガニックコーヒーはこんなところで栽培されています。
もちろん国や栽培方法によって少し変わります。

 

WS000021

 

まさに原生林で、どれがコーヒーの樹なんだろう?・・・そんな状態ですよね。

コーヒー生産国における有機栽培と農薬について

有機コーヒーとは

 

コーヒー生産国において、コーヒー栽培で生計を立てている農家は非常に多いです。日本で言うとお米の農家を想像してもらうとわかりやすいと思いますが、やはり美味しいお米を作るためには肥料や農薬を使っていかなければいけません。

コーヒー生産国の農家においても同じで、農薬を使うことによりコーヒーの樹が病害にさらされるリスクを軽減することができます。

この記事を読んでくれている貴方からすると農薬に関してネガティブなイメージもあったかと思います。しかし、より美味しいコーヒーを作るためには農薬も必要不可欠です。

しかし、その農薬にもコストがかかりますよね?

特にコーヒーの生産国は発展途上の国なども多く、ほとんどの生産者たちは私たちのように豊かな生活を送れているわけではありません。

コーヒー栽培において農薬を使用すると3割~4割のコストが必要になるといわれています。コーヒー農家においても、そのコストをかけたくないから必然的に有機栽培になりましたという状態の農園も多くあります。

コーヒーの農園、農家も様々です。有機栽培に関して必死に努力して栽培に取り組む農園もあれば、とりあえず適当に栽培してますという農園すらあります。

上に書いたことを合わせて考えると…有機栽培コーヒーは美味しいのか?

有機栽培コーヒー

 

上の部分で、半分答えを言ってしまっていますが有機栽培コーヒーが美味しいのか?お分かりかもしれませんが美味しいコーヒーもあれば美味しくないコーヒーもあるという事です。

ですが、、、私の考えから言うと美味しくないコーヒーのほうが多いのではないかと思っています。

有機栽培の生産環境はコーヒーにとっても素晴らしい生産環境が多いのですが化学肥料・農薬などを使わないので、コーヒーの樹が感染する病気であるサビ病などが蔓延すると有機栽培は特に打撃を受けやすいのが現状です。

また一番最悪なのが生産国の農園主が完全な手抜きで作ったコーヒーを有機栽培だと言って流通させたりしている事。

当たり前ですが手抜き栽培のコーヒーは美味しいはずがなく論外。しかし、その手抜きコーヒーも商業的に市場へ流通してきたりします。

このように書いてしまうと有機栽培にネガティブなイメージを持ってしまうかもしれません。しかし農園主の努力により生まれる有機栽培のスペシャルティコーヒーも、ちゃんと存在します。

また有機栽培の中でも有名な認証に、バードフレンドリーがあります。

 

WS000022⇒https://www.bird-friendly-coffee.jp/

 

これは熱帯の森林を利用したコーヒーの樹の木陰栽培で、コーヒー本来の生育しやすい環境を作ると同時に鳥類を始めとする動物などの自然環境に配慮した栽培を行っている農園に対する認証です。

農園側としては、木陰栽培をすると密林の中に農園があるわけなので当然の収穫効率が落ちメリットはありません。しかしバードフレンドリー認証によりプレミアムを付け高い値段で流通させることができるので継続することができます。

グアテマラやメキシコ、コロンビアなどで盛んに行われています。

 

バードフレンドリー(画像参照:https://www.sumitomocorp.co.jp/)

 

以前、私はグアテマラのウエウエテナンゴという地区にあるバードフレンドリー認証のコーヒーを飲んだことがありました。

正直あまり期待していなかったのですが非常に美味しかったので、それで有機栽培のコーヒーに対する価値観が少し変わりました。

後で分かったのですが、非常に得点の高い点数が付いたスペシャルティコーヒー、有機栽培でもこんなコーヒーがあるんだと驚いた記憶があります。

ですので、どうしても有機栽培のコーヒーを飲み続けたいという時はスペシャルティコーヒーとして農園情報が開示されて売られている豆を買うのが美味しい有機栽培コーヒーを飲める一番の近道ではないかなと思っています(^_-)

ちなみに私がオススメのコーヒー豆はコチラ、実際に購入して試してみましたよ!!

⇒カフェーパウリスタ「森のコーヒー」

「森のコーヒー」は、ブラジルの4つの農園のブレンド豆です。
全ての農園が農薬・化学肥料を不使用ですが有機JASを取得していない農園もあるため日本国内で有機栽培コーヒーとしては売られていません。

これも有機栽培と名乗るための規則などがあり難しい部分です。
しかし、非常に品質が安定しており美味しいのでおススメです!