【徹底解説】スタバでも定番、グアテマラコーヒーの特徴は!?

re

 

グアテマラのコーヒー豆は、ストレートコーヒーのみならず
非常に多くのブレンドベースとなっています。

普通、ブレンドコーヒーを作るとしたら、、、

まずブラジル・コロンビア・グアテマラなどを混ぜてベースを作り、
それに個性を与える豆を混ぜていく事が多いそうです。

BOSSの缶コーヒー「レインボーマウンテン」でもお馴染。

そしてスターバックスでも定番の豆としてラインアップされるグアテマラですが、
その生産地や、味・特徴に迫ってみます。

グアテマラのコーヒーデータまとめ
世界的に見た生産量
2.5%(世界第10位)

栽培品種
アラビカ種98%(ブルボン、カトゥーラ、カトゥアイ、ティピカ、マラゴジッペ、パチェ)、ロブスタ種は2%のみ。

生産処理
ウォッシュト製法、ナチュラル製法(ナチュラルはかなり少ない)

主なフレーバー・アロマ(味わい)
チョコレート、ココア、柑橘、ハーブ、フローラル(花のような)味わいだが、グアテマラの中でも生産地が異なるだけで大きく味も異なる。

そもそもグアテマラってどんな国なの?いつからコーヒーの栽培が!?

まずは外務省によるデータをご覧ください。
※興味ない人は読み飛ばしてくれて大丈夫です。
参照:外務省ページ

 

グアテマラの人口など基礎データ

 

面積が北海道と四国を合わせた広さより、やや大きいという面積。

コーヒーの生産地と言えばブラジルの様な広大な大地を思い浮かべてしまいますが、グアテマラは日本に比べても、かなり小さな国という事を貴方は知っていましたか?

公用語はスペイン語ですが、マヤ系の言語も使われています。

主要産業は農業で、コーヒー、バナナ、砂糖などがメインになっています。

これら農産物の輸出に偏っていたため、世界的な市場価格に左右される事が多く経済的に不安定という事もあり、加工食品や繊維産業へも政府が力を入れるようになりました。また観光産業も成長してきた点があげられます。

日本との関わりをチェックしてみましょう。

対日貿易
貿易額(2015年 中銀)
輸出 186億円
輸入 280億円

主要品目
輸出 コーヒー、胡麻、砂糖、バナナ、冷凍野菜等
輸入 自動車、鉄鋼、一般機械、ゴム製品等

やはり、グアテマラから日本への輸出品はコーヒーが一番に挙げられますね。

ちなみに国鳥はケツァールという美しい鳥です。

 

グアテマラ国鳥

 

アステカの主要言語だったナワトル語由来で、「大きく輝いた尾羽」という意味。
後述のバードフレンドリーの情報でも再度、登場します^^

それでは、本題。コーヒー栽培の起源に関して。

1750年~60年の間にグアテマラでは政治家で軍人であるラファエル・カレーラという人物が、先住民であるインディオを働かせて栽培し始めたのが最初だと言われています。
(参照:Wikipedia

その後、1800年代に入りドイツ系の移民がグアテマラに多く流れ込みます。
移民たちは大規模なコーヒー農園を開き、より近代的な栽培技術を駆使、グアテマラのコーヒー生産に大きく貢献しました。

グアテマラという1つの国の中に、有名な生産地がメッチャ多い!

記の写真はグアテマラコーヒー協会であるAnacaféという機関が発行した資料です。

 

WS000042

 

上のマップの7つのエリアの中でも特に有名なのは、
写真中央の首都であるグアテマラシティ近くのアンティグア地方。

スターバックスでも「アンティグア」という豆が扱われていますよね。
これに関しては後述します!

写真には書かれていませんが、ウエウエテナンゴという地方からも
かなり上質なコーヒーが獲れます。

「レインボーマウンテン」の名で流通するコーヒーは、
上の7つのエリアから
厳選して選んで認証を与えたコーヒーです。

大きな地図で見る

産地ごとに飲み比べると…
実は以前グアテマラ内の8種類を飲み比べする機会がありました。

それぞれに産地の特徴を持っていて、
それでいて共通のグアテマラらしさも感じられました。

グアテマラのコーヒー豆を買う時は、グアテマラの中でもどこで生産されたコーヒー豆なのかを是非チェックしてほしいです。新しい楽しみ方が出来ると思います^^b

印象に残った5カ所だけ抜粋すると、、、

アンティグア
グアテマラで初めてコーヒーが生産された土壌。地図で言うとグアテマラの中心から少し下へ行った辺り。標高は1300m~1600m前後でチョコレートやナッツのようなバランスが良い味わいを持つ。スタバの定番。

ウェウェテナンゴ
私が最も好きなグアテマラのコーヒー、グアテマラの中でも特に標高が高く(1900m前後)少ない雨量の過酷な環境から生まれるコーヒーはフルーティーでフローラルな華やかな味わい。女子ウケ良い味だと思ってます(笑)グアテマラ地図の左上に位置します。

コバン
標高はアンティグアと同じか少し低い標高。地図で言うとグアテマラの上に位置する。アンティグア同様、バランスの良い味わいが生まれる。
アティトラン
アンティグアと標高は同じですが雨量が少し多いため湿度が高く、その土壌から生まれる味わいは柑橘系の様な爽やかさとチョコレートを持ち合わせており優れたアロマを持ちます。地図で見るとアンティグアの左側に位置。

アカテナンゴ
アンティグアの少し上に位置する場所。標高2000mになる場所もあり、フルーティーで酸味が強く、複雑な味わいの豆が多い。

総じて、グアテマラのコーヒー豆の特徴をまとめると、

チョコレートの様にドッシリと濃厚。フルーツのような酸味や甘さも少しあり、全体的にバランスが良いという印象。

グアテマラ、それから隣国であるエルサルバドルやホンジュラスでは、国の特徴よりも、栽培される標高によって特徴が決まると言われています。

これらの国で同じ標高なら似たような風味も感じられる事もあるんだそうですよ!

他の国とは違うグアテマラのコーヒーランク付けはコレだっ!

アテマラのコーヒーは標高によってランク付けされ、高いものほどいいと言われます。

その分類は左の表の通りで、主に取引されるのはS.H.Bです。
4500フィート以上、標高でいうと1,370m以上の農園で獲れたコーヒー。

ちょっとコーヒーに詳しくなってきた人なら
S.H.B(ストリクトリーハードビーン)という単語に見覚えがあるかもしれませんが
それは、まさにランクの事なんです(^-^)

近年ではS.H.Bの占める割合が上がってきているそうです。

 

WS000043

 

でも、なんで標高の高い農園で獲れたコーヒーが、高い評価を受けるのでしょうか?
理由はいくつか考えられますので、信憑性の高いものから挙げていきます。

まずは標高が高い=山の中=陸の内陸部で海から離れていて、
寒暖の差が大きい、ということ。

コーヒーベルトにある国の多くは熱帯で、
日本のように夏は暑く冬は寒いという概念がありません。

一年中その気温。
むしろ昼間と夜の温度差がとっても大きく、夜は熱帯の冬と言われます。

昼と夜の気温差は人間には過酷ですが、コーヒーには非常に大切。

しっかりと引き締まった、固い実になるため、
イタリアンローストなどの深煎りにも耐えられるコーヒーができるんです。

もうひとつは、標高が高いほど気温は低下。
コーヒーがゆっくりと生育
、良質な酸味と甘みが生まれる。

また、あるセミナーで聞いた話では、
標高の高い農園のコーヒーの方が脂肪分やカフェインを多く含み、
トリゴネンが少なく、飲んだときにより強くコーヒーを感じるそうです。

※余談ですがトリゴネンは脳に作用があり、
脳の老化やアルツハイマータイプの認知症を防止する研究結果が出てるようです。
ただし、コーヒーの焙煎過程で多くが失われます。

そして、最後にここから書く事はちょっとだけ信憑性が落ちます。

グアテマラには3つの活火山(フエゴ火山、パカヤ火山、サンティアギート火山)があり、
たびたび噴火しています。

その火山灰が降り積もって土壌となるのですが、コーヒー栽培にとってはこの火山灰が良く標高の高いところほど火山灰の影響を受けやすいので、おいしいコーヒーが獲れるという説です。

確かに火山灰が降り注ぐ土壌ではミネラルが豊富に含まれ、野菜などの生育が良いと言われています。
そして、コナコーヒーで有名なハワイコナも、活火山に囲まれています。

ただ、これに関しては、まだ科学的な完全な証明を聞いたことがありません。
でも火山灰が農作物に影響を与えている事は間違いない事実と捉えて良いと思います。

グアテマラのコーヒー栽培に関する特徴、98%が水洗式加工!?

アテマラでコーヒー栽培は伝統産業。
そのためでしょうか??

設備投資がかなり必要な水洗式が全体の98%!
木の生育に時間が必要な日陰栽培が98%!

しかも、生育は早いが風に弱いバナナなどではなく、
Inga属やGravilea属などのしっかりとした木が中心と、
まさにコーヒー名産地の雰囲気を持っています。

多くの工業後進国が国を挙げてコーヒー栽培に
取り組むのには理由があります。

一つは、コーヒーが一次産品の中では石油に次ぐ2位の貿易額を誇ること。

つまり、資源や農作物の取引においてコーヒーは
2番目に大きなマーケットであるので、チャンスがあると考えている。

もうひとつは、他の作物に比べて圧倒的に自然環境を壊しにくいこと。

米や小麦を始め、多くの農作物はその実を収穫してしまうと
一度畑を裸にしてから、新しく栽培を始めます。

その畑では他の植物が長く生育することはできず、
生物はあまり住み着きません。

収穫後には洪水の危険も生みます。

それに対してコーヒーの木は一度育ってしまえば30年以上も収穫が見込めます。

200年以上の歴史がある、グアテマラのコーヒー栽培。
森林を破壊しないコーヒー栽培は、
緑でいっぱいの国であるグアテマラにぴったりなのでしょう。

そういえば、メキシコのNahuat族が12世紀にグアテマラに到着したときに、
この地を「森林の土地」という意味で「Guauhitemala」と呼んだのが、
国名の由来なんだとか。

日陰栽培(シェードツリー)はコーヒーの木を強すぎる直射日光からまもるだけでなく、森林とそこに住む生態系も守ってくれます。

ですので、グアテマラでは鳥類が豊富。

WS000044

700を超える種類の鳥類が生息し、
そのうち40種類以上がグアテマラにしかいない鳥です。

グアテマラの国鳥であるケツァールもその中の一つです。

ケツァールはよほど象徴的な鳥なのでしょう。
なんでもグアテマラの通貨はケツァールなんだとか・・・。

ちなみにバードフレンドリー認証というのがありますが、
実際にグアテマラのコーヒーが数多く認証されています。

気になる人も多いはず!スターバックス「アンティグア」の味わいは?

 

スターバックスのアンティグア画像参照:スターバックスジャパン

 

実は、コーヒーに詳しくなくてもグアテマラのコーヒーを知っている。
またはアンティグアという名前を聞いたことがある、見た事があるという貴方!

恐らくそれはスターバックスの影響でしょう。
スターバックスの定番中の定番こそアンティグア。

そしてスタバ店舗のメニュー紹介黒板でも頻繁に登場するアンティグア。スタバの代名詞であるとともに、アンティグアの味=スタバの味と思ってしまう人も多いんじゃないかと思います。

 

まずアンティグア。
ご紹介した通り、チョコレート(ココア)やナッツ、スパイス、フルーツの様な酸味を持つバランスが良い銘柄です。

ちなみにスターバックスのロースト(焙煎)加減は、スターバックスの独自ルールがあります。コーヒー好きの貴方なら知っているかもしれませんが、スタバのローストは一般的に深煎り傾向です。

深煎りにすることでシャープな酸味は落ち着き、ビター感と甘い香りが残ります。

私個人の意見ですが、スターバックスのグアテマラアンティグアはスタバのラインナップ中でも味のバランスが最もよいと感じています。

コーヒー以外でも言える事ですが味のバランスが良いものって、やはり美味しいんですよね。ただ、100人コーヒー好きが目の前にいるとして、全員がスタバのアンティグアが好きな訳ではないと思います。

ここまで書いて怒られそうですが、私自身はスタバのアンティグア自体、嫌いではありませんが好きでもありません。

ただ「アンティグア=スタバ」のイメージが私の頭の中にもあったので今回は書かせてもらいました(笑)

またスタバに関しては豆を海外から輸入しているので、どうしても焙煎したての豆が手に入りません。正直なところ、やはり風味の劣化が感じられるので焙煎してから1週間以内と思われるスタバのアンティグアを飲んでみたいです。

やっぱり私の中でコーヒーに関しては鮮度が重要ポイントです。

決してスタバを批判するわけではありませんが、もし貴方がスタバのアンティグアしか飲んだ事がないならば他のコーヒー屋のアンティグアや他のグアテマラコーヒーを飲んでみてもらいたいと思います。

【必見】管理人のオススメ!グアテマラが買えるコーヒー通販を紹介!

●奈良発、新進気鋭の焙煎人が焼き上げる「ROKUMEI COFFEE」
 

ロクメイコーヒー 通販サイト

 

東京、新宿に新しくできた商業施設NEWoMan内にも
期間限定でショップ出店したりと、今注目のコーヒー屋です。

オーナーの井田氏はジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップなど
焙煎の技術力を競う大会でも上位に入賞されています。

ロクメイコーヒーのグアテマラは、アンティグアのブエナビスタという農園で栽培されており、このブエナビスタ農園は標高1900mの場所もあるほど通常のアンティグアに比べ高地で栽培されています。

グアテマラで多く栽培されている品種とも違うコスタリカ生まれの品種を使用し、アンティグアの中でも標高が高い所で栽培された「ブエナビスタ」は今までのアンティグアとも、一味違った雰囲気を感じてもらえると思います(^-^)

新しいアンティグアを試してみたい人にオススメです!!

 


ロクメイコーヒー、アンティグアブエナビスタ

 

●季節ごとに変わるグアテマラの産地は必見!「珈琲きゃろっと」

珈琲きゃろっと

 

コーヒー通販ではお馴染の「珈琲きゃろっと」さん。
初回限定のリーズナブルなセットでもグアテマラを選ぶことが出来ます。
(※ただ、季節などによってグアテマラの銘柄が変わります。)

この記事を執筆させて頂くときに販売されていたのは、グアテマラのグアヤボ農園。
超絶な急斜面に栽培されている事で有名な農園です。

そしてもう1種類、扱われているのを確認しているのがラ・クプラ農園。
1874年にアンティグア地区に百万本の苗を植え作り上げた伝統ある農園です!

ちなみに「珈琲きゃろっと」のコーヒー豆で最も売れているのはグアテマラなんだそうです。
理由として、味のバランスが良く、食事やデザートなど全般的に合わせやすいというポイントが説明されています。

 


珈琲きゃろっとのグアテマラ

 

グアテマラコーヒーのオススメの飲み方、何で淹れたらいいか?

さぁ、いよいよ最後です。
グアテマラのコーヒーを購入したら、どうやって飲むか?

もう一度、グアテマラのコーヒーの味わいをまとめると「バランス良く」「チョコレート」「ナッツ・スパイス」「フルーツ」の様な味がする複雑な特徴を持っています。

上記を頭に入れた上で、淹れ方と、飲むシーンについて考えてみましょう。

 

IMG_2605

 
おすすめの飲み方、抽出器具・方法は?
グアテマラのコーヒーに関しては、味のバランスが良いためどんな抽出器具を使ってもある程度おいしく淹れる事が出来ます。ペーパードリップでも良し、プレスでも良し、エアロプレスでも良し、サイフォンでも良し、深煎りを買ってネルドリップでも良し。
しかし、抽出器具もこれから買うという貴方にはカフェプレスがオススメです。
⇒私が解説したカフェプレスの淹れ方ページ。
後は水出しコーヒーも良いですよ。後で説明しますが食事中に飲むならワイングラスに入れて飲むと面白いです(^^)b
デザートペアリングするなら相性の良いスイーツは!?
これも味のバランスが良いため、基本的にどんなスイーツとも合わせやすいと思っています。ちなみにスタバのフードペアリングセミナーで以前アンティグアに合うデザートを教えてもらった事があります。グアテマラはチョコレートの味を感じるので、あえて重い味のチョコレートケーキ(ザッハトルテ、ティラミスなど)は避けて、柑橘系のフルーツケーキやナッツ系のクッキーと合わせるとGoodとの事でした。
食事中に飲むならどう飲むか?
水出しコーヒーにして、ワイングラスに入れて飲むと面白いですよ!これはグアテマラのコーヒーに限らす言えるのですが食事中に飲むならワインのように扱うと面白いです。ワイングラスに入れる事でコーヒーの香りの広がり方も良くなり食事と一緒に楽しめます。豆の焙煎加減も、やや浅煎り~中煎りがオススメで、苦味が強く出てしまう深煎りはオススメしません。
 
ちなみに私が使ってる水出しコーヒーポット↓↓↓

 
グアテマラコーヒーの世界、いかがでしたか?
今後もグアテマラコーヒーの最新情報に合わせて随時更新させて頂きます(^-^)

この記事はお役に立てましたか?

この記事が少しでも貴方のお役に立てたようでしたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです

stars

本日もランキング応援のクリックをしてくださり、
誠にありがとうございました(^-^)

これからもオフィスよりコーヒーの面白い記事を執筆いたします!