コロンビアコーヒーの特徴と産地に迫る

emerarudo

コーヒーなどでもお馴染みのエメラルドマウンテンというワード。

実はコロンビアのコーヒーなんです。
しっかりした味わいと、等級まで迫ってみます(^-^)

コロンビアでは大きいお豆が高級豆とされています。
一番上のスプレモ(Supremo)はスクリーンナンバーで17以上が80%
あるもの、その次のエクセルソ(Excelso)がスクリーン14~16という風に決まっていて、
この二つの種類が主に輸出用とされているようです。

だからお豆が大きめのティピカ種が好んで栽培されてきました。

ですが近年では、生産性の観点からカツーラや、
ロブスタとの交配により生まれたサビ病に強い品種
バリエダ・コロンビアなどが増えているようです。

コロンビアのお豆と言えば、エメラルドマウンテンが有名ですが、
残念ながらエメラルドマウンテンという山はありません。

コロンビアの南西部から、南アフリカ大陸の西端を縦断しているアンデス山脈。

その高地で栽培されているコーヒーを、エメラルドマウンテンという
ブランド名で売り出しているのです。

きっとブルーマウンテンにあやかって、
「○○マウンテン」という名前にすれば売れると思っているのでしょう。

ちなみにキューバにはクリスタルマウンテン、ケニアにはレッドマウンテンがあります。

ナリニョ地方もこのあたりにあり、悠に2000mを超すところに農園があるため、
コロンビアのお豆は非常に引き締まっていて固いです。

浅煎りでも美味しいですが、極めて深煎りにも耐えられるお豆です。

記載されている文献はあまり見かけませんが、
コロンビアにもオリジナルなコーヒーの飲み方があります。

ティントと呼ばれる浸漬式のコーヒーは、沸騰させたお湯にあとから粉を加え、
沈むまで待ってから上澄みを飲みます。

ティントの意味はブラックのコーヒーということ。
つまり砂糖が入っているかは問題にしません。

実際、あらかじめお湯に黒砂糖を入れてから沸騰させることもあるんだとか。

コロンビアのコーヒー輸出はFNC(Federacion Nacional de Cafeteros de Colombia)、
つまりコロンビアコーヒー協会がとりまとめています。

農家から集めたコーヒーをFNCが一度すべて買い上げ、輸出することで、
コーヒーの価格が値下がりしたときのために、高く売れたときには資金をプールするなど、
価格の安定に尽力しています。

小規模農家の多いコロンビアにはなくてはならない存在です。
タンザニアやグアテマラ、コロンビアみたいに多くの国では
このようなコーヒーの輸出をとりまとめている機関があります。

そんじょそこらの農家では、巨大な買い付け企業と対等な交渉ができないからでしょう。
ここで、コーヒー豆が国を出たあと、
どんな風にして消費国へ行くのか少し触れておきます。

コーヒーも他の農作物と同様、市場で競りにかけられて売買されます。

普通は先物取引で、「コロンビアのナリニョ地方で8月に獲れるコーヒーのスプレモクラスを、
1ポンドあたり1ドル50セントで10袋買う」という風に契約します。

取引市場はニューヨークやドイツにありますが、
どんなコーヒーでも同じに扱っていたのでは大変です。

そこで生産国ごとに取引タイプと呼ばれるもので区別されています。
そのなかで一番高級な取引タイプがコロンビアマイルド。

コロンビアとケニア、タンザニアのコーヒーがここで競りにかけられます。

2008年は前半特に食物の価格が高騰したため、
1ポンドあたり1ドル49セントくらいが平均価格でした。

この3カ国を除く水洗式のコーヒーの取引は、
アザーマイルドと呼ばれ、コロンビアマイルドと比べると
平均価格で1ポンドあたり5セントほど安くなっています。

そのほかのアラビカ種、つまり水洗式ではない方法で
加工されたアラビカコーヒーは、非水洗式アラビカ(アンウォッシュドアラビカ)と
呼ばれる方法での取引。

非水洗式アラビカの大半をブラジルが占めるので、
ブラジリアンナチュラルとも呼ばれます。

同じく平均価格でアザーマイルドより10セント強安く取引されます。

最後にロブスタ
アラビカに比べて等級は劣るロブスタ。

コロンビアマイルドと比べると3分の2ほどの価格なので、
ロブスタ生産国の多くはできればアラビカを栽培したいと思っていることでしょう。

ICO(国際コーヒー協会)のホームページに行けば、
その日の取引価格が取引タイプごとに載っています。

そのほかのラテンアメリカ諸国へコーヒーが伝わった時期は定かでありませんが、
おそらくブラジルやコロンビアなどと同時期であったと考えられます。

 

大きな地図で見る

この記事はお役に立てましたか?

この記事が少しでも貴方のお役に立てたようでしたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです

stars

本日もランキング応援のクリックをしてくださり、
誠にありがとうございました(^-^)

これからもオフィスよりコーヒーの面白い記事を執筆いたします!