ギフトに最適、カフェーパウリスタ「森のコーヒー」レビュー

カフェーパウリスタ

 
銀座の名店が送る驚異のコスパセット
1911年創業、銀座カフェーパウリスタのブランドである「森のコーヒー」。
カフェーパウリスタ自体が日本の喫茶店文化において元祖といっても過言ではなく、「銀ブラ」の語源にもなりました。

そもそも「銀ブラ」とは「銀座をブラブラ歩く」の略だと思っている人も多かったと思うのですが、本当の語源は『銀』座でパウリスタの『ブラ』ジルコーヒーを飲みに行くと言う意味なんだそうです。

私も実店舗へ足を運んだことがありますが、何とも言えないレトロな雰囲気の店舗で日本の歴史を刻んできた喫茶店なんだなと体感しました。(ごめんなさい、かなり昔で写真が残ってなかったです)

その銀座の老舗が通販をスタート。
それも、990円送料無料、伝統のブラジルコーヒーお試しセット。

値段を見ても、かなりリーズナブルなのが見て取れます。実は、私自身あんまり期待してませんでした。笑

老舗の喫茶店なので、昔ながらの超深煎りの油ギトギトの豆が届いたらどうしようって…。
(私は苦いコーヒーがキライなので)

そんな不安がよぎる中、私も実際に試してみました。

今回、試したのはコチラ

公式ページ

森のコーヒーお試しセット購入、評判いかに!?私の口コミと共に!

森のコーヒーレビュー

まずは商品の到着からレビュー。ダンボール開封、同梱物の確認。

img_2258 img_2259

 

まずは商品の到着、ダンボールへ入刀。カフェーパウリスタという文字は何となく存在感を感じさせます。

 

ダンボール開封 森のコーヒー 通販

 

ダンボールを開けると、コーヒー通販お馴染みのお手紙が出現。

なんとも「武士ですかって」って突っ込みたくなるチョー長い縦書きの書状。ちなみに私が紹介しているコーヒー通販は直筆による手書きが多いですが、残念ながらコピー印刷されたものでした。
(文章量を考えると当然か…笑)

とりあえず、全ての付属物を取り出していきます。

 

カフェーパウリスタ img_2265 img_2266 img_2267

 

結構付属物が多いです。「森のコーヒーたより」は、毎回ブラジルのコーヒーについてコラムの様に豆知識が書かれているようで面白かったです。

そして美味しいコーヒーの淹れ方という小冊子も付属。カフェプレスとドリップの淹れ方が説明されています。

ちなみに納品書も付属。ギフトにも最適なセットですが送り先への直送は出来ないため注意!

コーヒー豆の産地と特徴をチェックしてみた!(2016年10月度)

img_2262 森のコーヒーの産地

森のコーヒーは4つの原産地から収穫された無農薬栽培のコーヒー

森のコーヒーはブラジル国内でも農薬や化学肥料を使わずに栽培するプロフェッショナルたちが運営する4つの農園から収穫されたコーヒー。サードウェーブで言う農園単一のシングルオリジンではなく、ブラジル国内収穫のブレンドコーヒーです。

 

有機栽培コーヒー

 

その4つの農園は下記です。

サント・アントニオ農園
自然の森の様な環境でコーヒーを栽培している。ブラジル有機栽培のパイオニア的存在。
ノッセ・セニョーラ・デ・ファティマ農園
JAS有機認証を取得している、有機栽培の理論家が運営する農園。
パイシャウン農園
芸術的な品質と言われており、世界の品質コンペティションでも上位を占める農園。
カモシン農園
バイオダイナミック農法を実践する農園。イエローブルボンで明るい酸味が特徴。

森のコーヒー 生産地

 

いずれの農園も、農薬・化学肥料を使わずに栽培する方法をしっかり研究して取り組みを行っている農園です。もちろん農薬・化学肥料を使わないことで発生するデメリットとリスクは計り知れません。

コーヒーは病害虫に大して非常に弱くサビ病のような病気に感染してしまうとコーヒーの樹が全滅してしまう事もあります。

栽培方法が難しいという部分で農薬・化学肥料を使わずに栽培したコーヒーは高価な価格帯で流通する事が多いですが、悪質な農園の場合は農薬も与えず放置して手抜き栽培した低品質のコーヒーを利益だけのために流通させる事もあるそうです。

そのためコーヒーを買う際は今回の様にしっかり産地が分かるコーヒーを買う事をオススメします。

カフェプレスでシンプルに抽出、気になるテイストをチェック!!

カフェプレス抽出

 

今回は18gで抽出しました。
(電子スケールは17gになってますが18gで大丈夫です。)

ちなみに袋を開けた瞬間の焙煎香は強くなく、焙煎の深さも意外と浅いのが個人的に嬉しかったです。凄くバランスが良い味に仕上がってる焙煎の色ではないかと予想(^-^)

 

img_2297 img_2298

 

ゆったりとお湯を注いでいきます。
ここまでは開封時の焙煎香が強くなかったので、どれくらい豆の鮮度が良いか分からなかったです。

ですが、ここで湯を注いだ時にガスが大量に発生。焙煎してから日が浅い新鮮な状態だなと判断しました。写真だとガスは泡みたいに膨らんでいる部分の事です。

鮮度が落ちて劣化しているコーヒーだと、この泡は発生しません。

ブランジャー(蓋)をセット、4分間待って完成!

 

img_2299 森のコーヒーレビュー

 

ブランジャーの棒をゆっくりと押し込み、カップへ注いでいくと良い香りが漂ってきます。

さぁ飲んでみます!!

コーヒージャンキーな私の感想
実はいい意味で、色々と期待を裏切られたコーヒーでした。飲んでみるまで、下の2つのポイントが気がかりでした。

◎農薬や化学肥料を使わないコーヒーで美味しいコーヒーは少ないし、あったとしても高価なので、この価格で売れるのか?

◎コーヒーの個性を消した、かなり深煎りの苦いコーヒー豆が送られてくるんじゃないか?

ですが、この心配は不要でした。

…まず、飲んでみるとまず味のバランスがとても素晴らしい!

チョコレートの様なブラジル特有の味の中に甘さとフルーツのような酸味もある。
苦さもありますが、かなり控えめです。

今のスペシャルティにありがちな、酸味と甘さだけ、ではなく「とにかくバランスが良い」味なのです。

言い換えると、万人受けするコーヒー豆だと思いました。

誰が飲んでも、美味しい!そう思える素晴らしいコーヒーです。

正直なところ、本当に欠点をつけにくいコーヒーでした。

またコーヒーも4つの農園をブレンドしている事により、もしも1つの農園が病害虫でダメになった時にも「森のコーヒー」を販売し続けられるようリカバリーもされているのかな?と勝手に私は予測してしまいました。

これギフトにも凄く良いんじゃないでしょうか??

今回のキャニスター(保存缶)とコーヒー豆のセット。コーヒー豆の味わいもバランスが良くて万人受けしますので、お歳暮などの贈り物として最適じゃないかと私は思ったんです。

コーヒー豆は飲めば無くなりますが、マグカップは贈り物としていつまでも手元に残しておいてもらう事が出来ます。

ただ、1つ難点があります。

それは、送り先への直送が出来ないこと。また納品書が付属していますので取り出さなければいけません。

 

納品書

 

なので、プレゼントしたいときは一度自分の家へ取り寄せたのち、ダンボールを開封し納品書を取り出したのち再梱包しなければなりません。

…が、せっかくなので自分の好きなラッピング材料を買ってきても良いですし、手紙を書いて添えても良いですし色々と手を加える事が出来ます。

コーヒーミルとカフェプレスも一緒にプレゼントすれば完璧!

相手がコーヒー初心者ならば「カフェプレス」と「コーヒーミル」をセットで付けてあげて、すぐに飲める状態にしてあげても良いかもしれません。

最近はコーヒーツールも安いので、下の2つを購入したとしても2500円くらいで収まります。森のコーヒー自体990円という価格なので3点セットのプレゼントにしても3500円くらいの計算になります。

 


 

「森のコーヒー」公式ページはこちらから!

 
森のコーヒー、いかがでしたか?
銀座の名店によるコーヒーなので、ブランド力もありバランスの良い味わいは幅広い世代に通用する味と私は思いました。(^-^)

コスパも高いのでかなりオススメです。一度は試してみてくださいね!!

また簡単なカフェプレスの淹れ方やアイスコーヒーの淹れ方は、こちらを参照してくださいね!
⇒カフェプレスの使い方!


公式ページ

森のコーヒー「口コミ」投稿フォーム。貴方の意見をください!

私の意見だけでなく、実際に購入された皆様からの口コミをお待ちしております。
※極端に文字が少ないレビューや誹謗中傷の口コミは却下させて頂きます。

できれば「年齢」や「性別」「購入した目的」も書いてくださいね(^-^)

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー

この記事はお役に立てましたか?

この記事が少しでも貴方のお役に立てたようでしたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです

stars

本日もランキング応援のクリックをしてくださり、
誠にありがとうございました(^-^)

これからもオフィスよりコーヒーの面白い記事を執筆いたします!