カプセルコーヒーとしてのコスト面を解説!


 <<【Part②より】

UCCドリップポッドのコスト面評判

結果、決して安くはない!
ただ、味と手軽さで考えた時に妥当なライン。

COE1位やらパナマゲイシャみたいな高級ドリップポッドを
使わない限りコンビニで買うより安く淹れる事が出来ます。

家庭用で考えるとネスプレッソとも1杯辺り同価格帯ですが、
クオリティを考えると個人的にはUCCの方がオススメ。

UCCドリップポッドのコスト面を考える!

UCCドリップポッド、DP-1。
ちなみにUCC公式だけでなくAmazonでも売ってます。

ですが、約1万4千円と、なかなかのお値段。
ポッドの方も最安値が60円~と考えた方が良いです(^-^)

ちなみにUCC公式から定期コースで買うとマシン代が無料なのでオトク。

UCCドリップポッドトップ

私は、この定期コースで申し込んだのですが、
マシンに加え毎月48杯分のポッドを自動で送ってきてくれるコース!

ちなみにラインナップ的には合計20種類前後のポッドがあります。

毎月固定の2種類のポッドと1種類の月替わりポッドが送られてくるので、
自分でポッドをチョイスしたい人には不向きなコースですね><;

もう少しコスト面について説明していきます!

上の公式ページの説明を見ると、ちょっとややこしいので
簡単に説明していくと・・・

初月だけマシン代が無料の1980円なので「1杯41円」で飲める計算です。
でも初月だけの事を考えても仕方ないですよね(>_<)

2ヶ月目以降は毎月3900円で「1杯81円」

正直なところ、少し割高かなぁと思います。。。
、、、が、味を考えると妥当かな!

ネスプレッソも1杯辺り80円強なので、ほぼ同じ価格です。

ちなみにUCCは製造工程において国内生産を徹底しているようです。

他社のように国外で生産したものは輸入する間に、
数カ月程度の時間が経過してしまい品質の劣化に繋がります。

その劣化を抑えるために国内の焙煎工場で焙煎。
焙煎したての状態を窒素密封しているようです。

確かに他社では多々感じた酸化味が少なかった理由は、
この国内生産の部分なのかなと思いました(^-^)

最後に注文方法を軽く書いておきますね!!

UCCドリップポッドの注文方法

ドリップポッド 注文方法

 

まずは、マシンカラーを選んでくださいね。
3色あるので、室内のカラーに合わせやすいです^^
スタイリッシュなのでインテリアとしても一役買ってくれています。

 

ドリップポッド注文画面

 

注文の確認が表示されますので、ご注文手続きへをクリック。
住所などの情報を入力していきます。

 

注文者情報

 

最後にお届け希望日と時間の選択をします。
決済方法を選びます。

 

決済画面

 

最後に注文内容の確認をしてくださいね(^-^)

 

お疲れ様でした!
イラスト

以上で注文は完了です!!
後は「UCCドリップポッド」を楽しんでくださいね!

 

この記事はお役に立てましたか?

この記事が少しでも貴方のお役に立てたようでしたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです

stars

本日もランキング応援のクリックをしてくださり、
誠にありがとうございました(^-^)

これからもオフィスよりコーヒーの面白い記事を執筆いたします!