コーヒーの生誕物語

ID-100101556

類がコーヒーを発見したのはいつでしょうか。

文献などにコーヒーという飲み物が登場するのは、13~14世紀以降。
さらに世界に広まったのは、ここ400年の出来事です。

●旅の始まり

コーヒー発祥の地はエチオピアと言われています。
発祥の地はイエメンという説もあるようですが、
近年のDNA解析などにより、イエメンのコーヒーはエチオピアから伝わったことが
ハッキリと浮かび上がってきました。

●ヤギが興奮した?

むかーし、むかーし、カルディというヤギ使いが居て・・・
・・・と、つい語りたくなってしまうお話があります。

そう・・・それはコーヒー発見の瞬間のお話なんです。

『山羊使いのカルディ』の物語の舞台は、
エチオピアのアビシニア高原にあるカファ地方。

ちなみにコーヒーの語源も、このカファ(Kaffa)に由来する、
・・・というのが一説です。

●そんな物語がコチラ

「アビシニア(現エチオピア)にカルディという1人のアラビア人山羊使いがいました。
ある
日放し飼いにしていた山羊たちが昼夜を通して激しく興奮しているのを発見し、
調べてみるとど
うも丘の中腹に自生している灌木の赤い実を食べていたらしいのです。

近くの修道院を訪ね院長にこの不思議な話をつたえたところ、
長も不思議に思いその実の効能を自ら試してみることにしたのです。

茹でて飲んでみたとこ ろ、気分はみるみる爽快になり、体に活力
がみなぎってきたのです。

院長はさっそく修道院に持ち帰り他の修道僧にも勧めました。
それからは徹夜の宗教行事の 時に睡魔に苦
しむ修道僧はいなくなりました。
この”眠らない修道院”の噂は国
中に広がり、
魔法の木は競って求められるようになりました。」

 

ただ、夢を壊して申し訳ないが、、、

a1180_004846

ヤギはコーヒーチェリーを食べるはずがない!

そう思ったのは私だけだろうか・・・?

実際、ヤギという要素以外にも「徹夜の修行」というフレーズが示すように
”キリスト教”よりも”イスラム教”の「断食」を想像させます。

キリスト教圏で伝えられた伝説であるにもかかわらず
イスラム教徒の下で発見されたような内容ではないかという意見も実際にあります。

上記の事からコーヒーを飲む習慣に関して
イスラム教徒のスーフィーという(神秘主義の教団)によって広められたのではないか?
・・・そんな一説が有力になっていますが、やはり未解明な部分もまだ存在します。