アフリカ地域の生産国と特徴

ID-10052931

性豊かで近年高品質なコーヒーが増えてきたアフリカ地域。

日本でも昔から親しまれるキリマンジャロ・モカなどもアフリカ地域。
今日は、そんなアフリカのコーヒーをご紹介します。

●主な生産国

「タンザニア」「ケニア」「エチオピア」「ウガンダ」
「ブルンジ」「アイボリーコースト(コートジボワール)」
「ルワンダ」

 

●特徴

まずタンザニアのキリマンジャロ、エチオピアのモカはご存知の方も多いはず!
各国とも優れた酸味など個性を持つ豆が多い。

近年はケニア・ルワンダ・ブルンジなども
高品質なコーヒーを生み出しスペシャルティコーヒーで非常に注目されてきました。

そんな中で、アイボリーコースト(コートジボワール)は

高品質なロブスタ

・・・を栽培することが有名です。

スペシャルティコーヒーは、いわばアラビカ種へのピックアップ
そんな中でロブスタが注目されることがあっても良いんじゃないだろうか・・・
個人的に、そう考えたりします。

 

 

この記事はお役に立てましたか?

この記事が少しでも貴方のお役に立てたようでしたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです

stars

本日もランキング応援のクリックをしてくださり、
誠にありがとうございました(^-^)

これからもオフィスよりコーヒーの面白い記事を執筆いたします!