コーヒー豆の保存、冷凍・冷蔵しても良い?

ジップロック・バルブ付きの袋は必須品!
沢山買った方が安くなる。

これはコーヒーに限らず、野菜やお肉も同様ですよね。
肉や野菜は冷蔵・冷凍できるけど、 コーヒーはどうなの?

コーヒーと保存方法について私の経験からお話しします^^b

長持ちはする、しかし味も落ちる

お料理に詳しい人はご存知かと思いますが、お肉などは冷凍保存すると、肉の細胞が壊れ解凍時に味が落ちると言われています。

私の経験上、コーヒーも同様で冷蔵・冷凍すると味が落ちます。

味が落ちるのは、やはりコーヒーの成分を壊して保存しているからではないかと私は思っています。

従って冷凍保存であっても味が落ちた、香りが弱くなった等は避けられません。

ただし焙煎業者が意図的に、長期的な期間保存できる前提の焙煎を施している場合は冷蔵・冷凍保存と合わさる事で数ヶ月が経過しても味が安定して居る事はあります。

しかし、私たちのような一般消費者が買うコーヒー豆で、そのような焙煎をされているコーヒー豆は稀だと思います。

冷凍・冷蔵保存を上手く使うならば!

どうしても冷蔵・冷凍保存が必要な場合は、まずジップロックなどに密封して保存します。

コーヒー豆は消臭剤に使えると言って良いほど香りを吸います。植物、生き物なので呼吸していると考えても良いかもしれませんね(^-^)

ジップロックで密封する事で、他の野菜や肉の味がコーヒーへ移らないようにします。

そして冷蔵なら2週間を目安に飲みきり、冷凍なら1カ月以内を目安に飲み切ります。


この時、私なりに1つのポイントがあります。
※ただし科学的な証拠も信憑性も無いので、正しいとは言い切れません><

コーヒーを飲む1,2時間前にコーヒー豆を飲む分量だけ取り出して、常温に戻しておきます。

そして大きなポイントとしては、

常温に戻してからは一気に使い切るいう事です!
常温に戻してから半日や1日たった豆は、どうも私が思うに味が壊れたような感じで、抜けたような味になる事が多いと感じています。

とにかく、常温に戻したら一気に使い切る。

これが大きなポイントだと思っています。

一番ベストなのは、やはり自然保存。

ベストなのは、言うまでも無く自然な保存方法です。

私は購入時に1週間程度で飲み切れる分量だけを購入し、経過による風味の変化を楽しむのが一番良いと思っています。

私が紹介させていただいているコーヒー屋など、一流のコーヒー屋は焙煎後5日以内程度のものを送付してくれます。

コーヒーについて言えば、焙煎したばかりの豆は香りが非常に良い反面、味には尖ったような鋭さもあり、全ての良い味を出し切る事は難しいです。

その分、焙煎後の日にちの経過に伴い香りは失われがちですが、味は「まろやか」になっていきます。

業界用語でエージング(熟成)と言うのですが、エスプレッソのコーヒー豆などにエージングをする事が多いのは味の強く出るエスプレッソの味を、バランスよく飲めるようにするという意図もあります。

まとめると「冷凍・冷蔵保存はなるべくしないでください!」

…と言うのが、私の意見・考えです^^;

コーヒー保存の際の参考になれば嬉しいです!!

この記事はお役に立てましたか?

この記事が少しでも貴方のお役に立てたようでしたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです

stars

本日もランキング応援のクリックをしてくださり、
誠にありがとうございました(^-^)

これからもオフィスよりコーヒーの面白い記事を執筆いたします!