コーヒーの品種を家系図にしてみた

hinnsyu

数えきれないほどの品種が…!
コーヒーのメインは、なんといってもアラビカ種。

割合としては70~80%を占めてるんだとか!

栽培品種としては、ブルボン、ティピカの他にもかなりの数が知られていて、固有の名前で呼ばれない「SL-10」みたいなものは、も~っと多くあります。

そんな感じで、とりあえずコーヒーの品種をまとめてみました( ..)φメモメモ
ちょ~っとばっかしマニアックな気もしますが。。。

コーヒーの品種を家系図にしてみた

ロブスタ種の視点でコーヒーの品種に迫ってみる!アラビカ種との違い。

arabika

コーヒーの品種はかなり多い!
コーヒーノキはアカネ目アカネ科コフィア属に属する植物の総称で、多くが3.5m程度の高さ、常緑で紅葉などはしない植物です。

高さはWikipediaによると10mを超えるものもあるそうです(^-^)

コフィア属のなかにはある分類で66種類もの植物があり、そのなかにアラビカ種、カネフォーラ種、リベリカ種など
三大原種と呼ばれるものがあります。

商用に栽培されているのは、ほぼこの3種類です。

さらにアラビカ種をさらに細かく分けた種類としてブルボン種やティピカ種という品種もあるんで、覚えるのは大変ですね><;

ロブスタ種の視点でコーヒーの品種に迫ってみる!アラビカ種との違い。