ティピカ種とは【コーヒー豆】

thipika

ティピカ種って?
ティピカ種は、成長すると3.5~4mにもなる高木なため、栽培するときは剪定をして、収穫しやすい高さに揃えるものがほとんど。

ブルボンと比べると長細くて大きめの豆をつけます。こちらも収穫量が少なくて手間がかかるため、コロンビアなどコーヒー栽培の先進国ほど、より収穫のある品種へと切り替える動きがありました。

ティピカ種とは【コーヒー豆】

ブルボン種をザックリまとめてみた!

burubon

優しい感じの上質なコーヒー
ブルボン種は小ぶりでころころした感じの豆を実らせ、優しい感じの上質なコーヒーとなります。

見分け方はセンターカットが軽くS字のカーブを描くのが特徴。

是非、コーヒーを飲む前に確かめてみてください(^-^)

ティピカに比べると収穫量が多いが、改良された品種などに比べると少なく、一部の文献によると隔年結実、つまり収穫は2年に1度だそうです。

・・・って事は栽培も難しく貴重って事!?

ブルボン種をザックリまとめてみた!